FXの自動売買の最新情報を公開。海外のEAを中心に紹介しています。

FXEA自動売買情報局

FX用語集

マージンコールとは

投稿日:2018年1月7日 更新日:

 

「証拠金維持率が一定の基準を下回った際に、証拠金を追加で口座に預け入れるよう求める警告が通達される仕組み」のこと。

 

FXにおいては、レバレッジの仕組みにより、証拠金の最大25倍までの金額で取引することが可能であるため、取引に成功した場合には、通常の何倍もの利益を得ることができる。

一方で、レバレッジ倍率を大きく設定した状況で取引に大敗してしまった場合、証拠金を上回る巨額の損失を被る危険性も、十分に考えられる。

 

この「証拠金を上回る損失を出すことを未然に防ぐ仕組み」の一つがマージンコールであり、その基準はFX会社によって設定が異なる。別名「追証(おいしょう)」

 

マージンコールが掛かった際に取り得る対応

  • 不足分の証拠金を追加で預け入れる
  • 取引中のポジションを一部決済し、証拠金維持率を回復させる
  • 取引中のポジションを全て決済する
  • そのまま放置し、FX会社による強制決済(ロスカット)の執行を待つ

 

なお、マージンコール自体に拘束力や強制力はないが、指定された期日までに証拠金を追加するなどの対応を取らなければ、自動的に「ロスカット」が執行される。

また、マージンコールの仕組みを採用していないFX会社も存在し、その場合は、証拠金維持率が一定の水準を下回った時点で、即座にロスカットが断行されることとなる。

 

-FX用語集
-

Copyright© FXEA自動売買情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.