儲かるFX自動売買の最新情報を公開。海外製EAを中心に徹底検証・レビューしています。

FXEA.JP-海外製自動売買情報局-

Forex inControl Reborn 海外製EA情報

『Forex inControl Reborn』経過観察 その1|着実に歩む成長の道

投稿日:

レビュー後、初の経過観察を実施

『Forex inControl Reborn』の検証とレビュー

『Forex inControl Reborn』評価 『Forex inControl Reborn』      収益性:(4.5)      安定性:(4.0)      信頼性 ...

続きを見る

 

前回、少々の “曰く付き” だが面白い魅力を秘めたEAとして、『Forex inControl Reborn』を紹介してから、早一ヶ月。

この短い期間にどのような変化を遂げたのか、さっそく確認していくことにしたい。

 

 

安定かつ堅実な成長ぶりを見せる

いざ蓋を開けてみれば、この一ヶ月間の成長ぶりは、不安を他所にして非常に堅実かつ安定したものとなったようだ。

発売当初は、ハイリスク・ハイリターンを地で行く “問題児” として敬遠されがちなEAだったが、数年前に『Forex inControl Reborn』に “Reborn(再誕)” してからというもの、打って変わったような “優等生” ぶりを見せている

 

 

また、スイングトレード系EAらしく、先月中には僅か三回しか取引が行われなかったようだが、資産曲線の描く稜線を見ても、直近の取引履歴を見ても、懸念されるロットサイズの管理を含めて、不安定な様子や危険な様子は見受けられない

結果として、通算利益と通算勝率、およびプロフィットファクター(PF)の項目において、好ましい成長を遂げることとなった。

 

一方で、平均月利については、数字はやや悪化

とは言え、「10%」の大台にこそ乗らなかったものの、先月の月間獲得利益もきちんと黒字に終わらせており、運用開始から続く連続黒字記録を、また一つ伸ばすことに成功している。

 

『Forex inControl Reborn』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 291.65% 18.57% 11.33% 72% 3.87
第1回 317.17% 18.57% 10.87% 74% 4.12
前回比 +25.52% ±0.0% -0.46% +2.0% +0.25
累計 +25.52% ±0.0% -0.46% +2.0% +0.25

 

なお今回、Myfxbookのウィジェット上に表示されている最大ドローダウンの値が、前回の計測値よりも「20%」以上も悪化していることには、お気付きだろうか。

最大ドローダウン値の計算および表示アルゴリズムに関して、Myfxbookには “ブラックボックス” な部分があるため、あまり断定的な物言いは避けるが、おそらく今回の現象も、先日、『Forex Flex EA』と『FXGoodway』に起きた現象と同一だと推測される

 

『Forex Flex EA』経過観察 その5 |安定感のある成長を再開

小石につまづいた前回から、約一ヶ月   前回、およそ一年半以上に渡る稼働歴において、僅か二回目となる月間獲得利益でのマイナス成長を喫した『Forex Flex EA』。 ...

続きを見る

『FXGoodway』経過観察 その3|堅実な成長と晴れた懸念

“疑惑” の好成長、その後や如何に   前々回以降、非常に順調な成長を遂げている『FXGoodway』だが、前回の経過観察では、最大ドローダウンに関するとある “疑惑” ...

続きを見る

 

というのも、取引履歴を始め、Myfxbook上で確認可能なあらゆる情報を見ても、20%以上もドローダウン値が悪化した形跡は見当たらず、また上記二つのEAの場合と同様に、「Custom Analysis」機能を利用して、運用全期間の成績を表示させると、最大ドローダウンの値が、これまで通りに「18.57%」と表示されるからだ。

 

月間獲得利益の推移

2018年 2019年
1月 +5.41%
2月 +9.85% +11.32%
3月 +18.88% +6.52%
4月 +17.49%
5月
6月 +10.56%
7月 +18.82%
8月 +9.69%
9月 +19.67%
10月 +8.7%
11月 +12.69%
12月 +2.99%
累計 +129.34% +23.25%

極め付けに、「実際よりもドローダウン値を低く見せかける」ならばまだしも、作為的に不正操作をしてまで、「実際よりもドローダウン値を高く見せかける」意味はないはずだ。

そういった理由から、ウィジェット上での最大ドローダウン値の悪化については、Myfxbook側のシステム的な問題に起因する可能性が高く、少なくとも現時点では、そこまで警戒する必要はないだろう。

 

 

今回の総評

前回のレビューでは、「現状だけを見れば、全体的にかなり優秀なEAだが、過去に築いた “負の実績” から、手放しの信頼はするべきではない」と結論付けたが、今回の経過観察に対する評価を言えば、「また一つ “正の実績” を積み上げた」と言える。

もちろん、まだまだ抱える “負債” の方が大きいため、“完済” までは程遠いと言えるが、少なくとも着実に返済の道を歩んでいることは、一つの事実として認めて然るべきだろう。

 

Forex inControl Rebornの成績データ画像

2019年4月2日時点の『Forex inControl Reborn』の成績

 

『Forex inControl Reborn』の成績については、今のところ「非常に順調」の一言だが、一つだけ今後に対する懸念を挙げるとするならば、その「取引回数」の低さは、気になるところだ。

誤解しないでほしいのだが、スイングトレード系EAであること自体は何の問題もなく、取引の “頻度” が低いことも、同じく何の問題もない。

 

ただし、基本的な原則として「取引回数(=試行回数)が増加するにつれて、そのデータの信頼性も高くなる」と言える。何事にも例外はあるが、その点において、このフォワードテスト成績のデータは、まだ “弱い” 。

とは言うものの、それは何もこのEAに限った話ではないため、あくまで「EA全般に共通して言える懸念事項」程度に捉えておいて良いだろう

 

『Forex inControl Reborn』は、はたして真に実力を備えた “金の卵” なのか、はたまた表面を取り繕っただけの “ひび割れた卵” なのか。

前者であることを全力で期待しつつ、経過の観察を続けたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex inControl Reborn, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.