Forex Flex EA サポート

【随時更新】よくある質問(FAQ)|『Forex Flex EA』編

投稿日:2019年6月20日 更新日:

「変幻自在」ゆえに疑問も尽きない『Forex Flex EA』

『Forex Flex EA』の検証とレビュー

『Forex Flex EA』評価 『Forex Flex EA』      収益性:(4.5)      安定性:(5.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.5)☆ ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その1 | 堅調な成長を維持

前回のレビューから、約一ヶ月半   発売から現在に至るまで、開発者による継続的かつ精力的なアップデートと、購入者による活発なコミュニティ運営の続く『Forex Flex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その2 |停滞期を超えて成長を再開

前回の経過観察から二ヶ月が経過   前回の経過観察では、劇的な落ち込みこそ見せなかったものの、停滞の印象を拭い去ることはできなかったが、あれから約二ヶ月。『Forex F ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その3 |抜群の安定感を堅持

新たに加わった観察対象の動向に注目   前回の経過観察では、停滞期を抜けて成長を再開する様子を確認することのできた『Forex Flex EA』だったが、はたして再び歩み ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その4 |可もなく不可もない成長

初レビューから半年が経過   前回の経過観察では、観察対象としている二つのカスタム設定のどちらもが、好ましい成長を見せていたが、はたして今回も、その順調ぶりを維持すること ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その5 |安定感のある成長を再開

小石につまづいた前回から、約一ヶ月   前回、およそ一年半以上に渡る稼働歴において、僅か二回目となる月間獲得利益でのマイナス成長を喫した『Forex Flex EA』。 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その6 |揺らがぬ安定感と続く好成長

堅調な成長を再開した前回   前々回の経過観察において、初めて若干の後退を見せた『Forex Flex EA』だったが、それも結果的には次なる成長への “助走” のような ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その7 |長期的なポジション管理能力の高さを実証

素晴らしい安定感を堅持した前回   前回の経過観察において、揺るぎない安定感を見せつけるとともに、着実に成績を伸ばすことに成功した『Forex Flex EA』。 既にあ ...

続きを見る

 

『Forex Flex EA』のパラメーターの多彩さは、数あるEAの中でも他に類を見ないほどに突出していると言えるが、それ故に、その扱いに関しては多くの疑問が生じることとなってしまっているのも、致し方のないことだと言えるだろう。

そこで今回、雑多な問い合わせの中でも、特に多く寄せられる質問について、情報をまとめて提供したいと思う。

 

なお、これまでに公開してきた「よくある質問」シリーズと同じく、情報は随時更新していく予定なので、『Forex Flex EA』を運用している場合は、定期的に確認してみてほしい。

 

 

「よくある質問」一覧(更新:2019年6月20日)

Q.購入したEAのダウンロード方法を知りたい

A.会員ページ上からダウンロードが可能です

公式サイトから自身の会員ページエリアにログインした後、一番最初に表示される「Main Page」ページ上からEAのファイルをダウンロードすることができます。

なお、明確な意図や目的などがある場合を除いて、「Latest Stable Version(最新安定版)」とされているバージョンのファイルをダウンロードしてご利用ください

 

Q.登録した「口座番号」を変更する方法が知りたい

A.公式サイトの会員ページ上から変更が可能です。

会員ページエリアにログインした後、「Edit Profile/Add Account Number」のタブをクリックし、同ページ内下部にある「AccountNumber」の欄に入力されている口座番号を、
別の口座番号へと変更する
ことで、ライセンスと紐づけさせる口座番号を変更することが可能です。

ただし、ライセンスに紐づけられる口座の数については、「一つのライセンスにつき、一つの口座まで」と規定されているため、二つ以上の口座で同時に運用したい場合には、追加でライセンスを購入していただく必要があります。

 

Q.EAのアップデートは、どのように提供される?

A.会員ページ上から手動で入手してください。

アップデートに関する情報は、基本的に公式フォーラム上にある「Announcements & Updates」スレッドにて提供されるため、興味のある方は、定期的にチェックしてみてください。

また、EAのアップデートが実施された場合には、「Main Page」ページ上の「Latest Stable Version(最新安定版)」のバージョン表記とダウンロードリンクが更新されるため、そちらから最新バージョンをダウンロードすることが可能となります。

 

Q.「推奨入金額」について知りたい

A.推奨入金額については、公開されていません。

残念ながら、「推奨」入金額については、公式サイト上にも公式ユーザーガイド上にも、一切の情報が公開されていません

ただし、「最低」入金額については明らかにされており、マイクロ口座の場合は「10ドル」以上、スタンダード口座の場合は「1,000ドル」以上とされています。

 

Q.「円建て口座」で運用しても大丈夫?

A.「ドル建て口座」での運用が推奨されます。

『Forex Flex EA』には、「円建て口座」上で「変動ロット」設定で運用した際に、リスク管理機能が正常に動作せず、異常に大きなロットサイズでポジションが建てられてしまう不具合の発生が確認されています。

そのため、「変動ロット」設定で運用する場合には、必ず「ドル建て口座」で運用するようにしてください。

 

なお、「固定ロット」設定で運用する場合には、「円建て口座」を利用しても特に問題はありません

 

Q.おすすめの「設定」について教えてほしい

A.以下を参照してください。

「Forex Flex EA」の運用においては、以下二つの「カスタム設定」のご利用を推奨しています。

  1. Default + TDI + TDI Slope + Dynamic
  2. SRV1/SRV2/SRV3

「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」は、スイングトレード系の戦略であるため、
短期的な収益性はあまり高くないものの、反面で、長期的な安定感のある増益力に優れています。

一方で、「SRV1/SRV2/SRV3」は、スキャルピング寄りのデイトレード系戦略を採用しており、現時点では、収益性と安定感の両方で優秀な実力を示し続けています。

 

Q.「カスタム設定」ファイルのダウンロード方法を知りたい

A.公式フォーラム上からダウンロードが可能です

有志ユーザーによって開発されたすべてのカスタム設定ファイルは、会員ページからアクセスできる「公式フォーラム(Forum)」上かからダウンロードすることが可能です。

同フォーラム上には幾つかのメイントピックが用意されていますが、その中の「Strategies & Settings」にアクセスすれば、様々なカスタム設定ファイルに関する情報をご覧いただけます

 

なお、上述した二つのカスタム設定についても、公式フォーラム上からダウンロードすることができますが、上手く見つけることができない場合は、「お問い合わせ」から別途ご請求ください

 

Q.「カスタム設定」の設定方法を教えてほしい

A.以下の手順を参照してください。

以下、カスタム設定ファイルの設定方法です。

 

1.入手した設定ファイル(.setファイル)を、MT4の「Presets」フォルダ内に保存する

2.新しいチャートを開き、そのチャートに新しく「Forex Flex EA」を張り付ける

3.設定ウィンドウの右下にある「LOAD(読み込み)」ボタンをクリックする

4.「Presets」フォルダ内に保存した設定ファイルを選択し、読み込みを実行する

5.最後に、設定ウインドウ下部にある「OK」を押して、設定を完了する

 

上記の手順を踏んでいただければ、『Forex Flex EA』へのカスタム設定ファイルの適用が完了します。

なお、「presets」フォルダは、MT4のメニューから「ファイル」⇒「データフォルダを開く」⇒「MQL4」⇒「presets」の順にクリックすることで、開くことが可能です。

 

Q.「SRV1/SRV2/SRV3」について教えてほしい

A.以下を参照してください。

カスタム設定「SRV1/V2/V3」は、それぞれ以下の異なる設定ファイルのことを指しています

 

【SRV1】 = SR 0.1 $3000.set

【SRV2】 = Mackieben SR TP 2018 EURUSD.set

【SRV3】 = Mackieben SR Breakout Ver1.set

 

このうち「SRV1」および「SRV2」については、「サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)」によるテクニカル分析を用いてエントリーを行い、設定された「EquityTP」または「TP」の値に基づいてポジションを決済します。

そして、残る「SRV3」に関しては、サポートラインまたはレジスタンスラインに達する「30pips」手前でエントリーを行い、その後のブレイクアウトによる利確(決済)を狙う仕様とのことです。

 

なお、三つの設定すべてに共通する仕様として、エントリー後の相場の変動によっては、設定された「pipstep」の値に基づいて、追加でポジションが建てられることがあります

 

Q.「SRV1/SRV2/SRV3」の推奨設定を知りたい

A.以下を参考にしてください。

公式フォーラム上においては、三枚の「EURUSD(ユーロ/米ドル)」チャート上に『Forex Flex EA』を設置し、それぞれのチャートに「SRV1」から「SRV3」までを一つずつ適用し、三枚のチャートを同時に運用することが推奨されています。

 

なお、すべてのチャートについて、時間足は「1時間足(H1)」、「Risk」の値は「0.1」に設定し、各チャート毎に異なるマジックナンバーを設定することが推奨されています。

また、現時点では、「EURUSD(ユーロ/米ドル)」以外の通貨ペアでの運用は推奨されていません

 

そのほか、証拠金については「500ドル」以上あれば運用は可能とのことですが、例えば「証拠金が「1,000ドル」を超えるまでは「SRV2」だけを運用し、「1,000ドル」を超えた時点から、残り二つの「カスタム設定」の運用も開始する」といった運用方法も、一つの案として提示されています。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex Flex EA, サポート
-, ,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.