儲かるFX自動売買の最新情報を公開。海外製EAを中心に徹底検証・レビューしています。

FXEA.JP-海外製自動売買情報局-

Forex Real Profit EA 海外製EA情報

『Forex Real Profit EA』の検証とレビュー

投稿日:2018年9月28日 更新日:

『Forex Real Profit EA』評価

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

『Forex Real Profit EA』

     収益性:(3.0)

     安定性:(5.0)

     信頼性:(4.5)

総合評価

(4.0)☆☆変わり種!☆☆

 

 

『Forex Real Profit EA』基本情報

  • 【取引通貨ペア】: 10種類

対応している通貨ペア

●  米ドル/円(USDJPY)

●  米ドル/カナダドル(USDCAD)

●  米ドル/スイスフラン(USDCHF)

●  ユーロ/米ドル(EURUSD)

●  ユーロ/豪ドル(EURAUD)

●  ユーロ/カナダドル(EURCAD)

●  ユーロ/スイスフラン(EURCHF)

●  ユーロ/英ポンド(EURGBP)

●  英ポンド/米ドル(GBPUSD)

●  英ポンド/スイスフラン(GBPCHF)

  • 【スタイル】: スキャルピング ~ デイトレード
  • 【販売価格】: 199ドル/年(最大30日間の返金保証サービスあり)

 

全部で10種類の通貨ペアに対応しており、主要な通貨ペアは概ねカバーされている印象。以前は7種類にしか対応していなかったところを見るに、今後のアップデートにより、対応する通貨ペアがさらに追加されることになるかもしれない。

また、メンバーシップは1種類のみ。その内容についても他の競合製品と比べて特筆して見劣りするようなものではない。

 

ただ一点、「料金体系」という点において、この『Forex Real Profit EA』は、これまでに紹介してきたどのEAとも一線を画する

 

メンバーシップの特徴

メンバーシップ   
価格 199ドル/年
利用可能なリアル口座数 最大1つまで
利用可能なデモ口座数 制限なし
返金保証サービス 最大30日間(無条件返金保証)
無料アップデート保証 無期限
ユーザーサポート 無期限
対応プラットフォーム MT4

 

『Forex Real Profit EA』は、いわゆる買い切り方式」ではなく1年単位の「サブスクリプション方式」を採用しているのだ。

そのため、このEAの購入者は、EAを継続して利用し続けるために毎年199ドルを支払う必要がある訳なのだが、この料金体系の設定は、製品に対する自信の表れとも言えるだろう。

 

また、別途99ドル支払うことで利用可能なリアル口座の数を1つ追加することも可能であり、この追加分については、サブスクリプション方式ではなく買い切り方式になると同時に、返金保証の対象外となる。

 

EAは、今なお定期的に開発とアップデートが継続されており、購入者はアップデート版のEAを無料でダウンロードして利用することが可能だ。

ユーザーサポートについても、期限などは特に設けられておらず、少なくとも年額利用料を支払い続けている間は、“The Best Support(最高のサポート)” を受けられると見て良いだろう。

 

なお、「最大30日間の無条件返金保証」を標榜している点も嬉しい。理想を言えば、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』と同じく、もう30日間ほど保証期間が長くあってほしかったところだが、返金保証としては十分に及第点と言って良いだろう。

 

 

『Forex Real Profit EA』の特徴

Forex Real Profit EAの取引履歴

開発者によると、『Forex Real Profit EA』は、全部で6つの異なる戦略から構成されているとのことだが、EAとしての基本的な性質は「スキャルピング系EA」に分類される。

また、MT4を提供するあらゆるFX会社で利用可能と謳う一方で、「EAの成績はスプレッドの狭さに大きく左右される」と注意を喚起しており、ECN口座での運用が公式に推奨されている

 

なお、マーチンゲール法やリカバリーモード(一時的にロット数を大きくして損失を補填するモード)など、一般的にリスクが高いとされている戦術や機能は搭載されていない

 

6種類の異なる戦略を搭載

チェスの画像

『Forex Real Profit EA』には、6つの異なる戦略が搭載されているのだが、その内訳としては、以下の3種類に大別される。

  • アジア時間での朝スキャルピング手法
  • 日中でのトレンドの流れに沿ったスキャルピング手法
  • ブレイクアウト手法

それぞれの手法に最適化された戦略が2種類ずつ搭載されていることまでは明かされている一方で、その詳細なロジックについては、やはりと言うべきか明らかにされていない。

 

また、「トレンド系」と「オシレーター系」に分類される多数の一般的なテクニカル指標(インジケーター)に加え、幾つかの独自に開発されたインジケーターが、EAに組み込まれているとのことだ。

なお、繰り返しとなるが、このEAの成績はスプレッドの狭さに大きく影響を受けるため、実際に運用する際には、「可能な限りスプレッドの狭いECN口座」を選ぶことを忘れないように。

 

ちなみに、「スプレッドの狭さ」と「取引コストの安さ」で業界屈指の実力を誇るECN口座に興味のある方は、以下の記事を参照してほしい。

TradeView | FX業者レビュー

『TradeView』評価 『TradeView』      取引コスト:(5.0)      取引安定性:(5.0)      資金効率:(3.5)      信頼性:(5.0) ...

続きを見る

 

卓越した安定性を実現

Forex Real Profit EAの取引履歴

1回あたりの取引は、スキャルピング系EAらしく早ければ「数分」で終わるが、長い時には「10時間を」を超える場合もあり、ポジションの平均保有時間は「約3時間」となっている。

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』「Best Scalper Forex Robot」など、他の多くのスキャルピング系EAと同様に、デイトレード的な要素も多分に持ち合わせているようだ。

 

また、基本的に「1~20pips」程度の小さめの利益を狙う戦術を採りつつも、それなりの頻度で「30~70pips」前後のまとまった利益をもぎ取っていることが、取引履歴から見て取れる。

損失の大きさも同程度以下に抑えられているところを見るに、リスクとリターンのバランスはなかなかに良好だと評価して良さそうだ。

 

なお、マーチンゲール法やリカバリーモードを搭載していないことを宣伝文句にしていることからも分かるように、このEAは「安全かつ堅実に勝利を積み重ねていく」という設計思想に基づいて開発されている。

そのため、短期間で証拠金を倍増させるような爆発的な収益性とは縁遠い存在となっているが、多くの競合製品が荒れ狂う市場を前に “脱落” していく中でも、着実に利益を積み重ねることが可能なほど、その安定感は高い。

 

「2013年6月から開始された公式フォワードテストが、2018年9月現在まで一度も破綻することなく、緩やかな右肩上がりの曲線を描き続けている」と言えば、その安定性のほどを理解してもらえることだろう。

 

厳密なリスク管理

安全性のイメージ画像

この卓越した安定性の裏には、ストップロス(SL)およびテイクプロフィット(TP)に関する「動的な設定アルゴリズム」の存在が挙げられる。

 

ストップロスの値は、通貨ペアや実行される戦略によって「50pips~200pips」の間で自動的に設定されるが、前述のアルゴリズムの働きによって、実際には設定された値よりも遥かに小さな損失の時点で決済されることとなる。

同様に、損失を最小限に抑えつつ利益を最大化するように、テイクプロフィットの値も動的に調整されるとのことだ。

 

また、経済指標の発表など、市場に大きな影響を及ぼすニュースイベントの前後に取引を自動的に停止する「ニュースフィルター」機能に加え、「市場心理フィルター」機能も搭載。

リスクの高い状況では極力取引を避けるように設計されている。

 

万が一の事態に備えた「安全装置」を搭載

命綱のイメージ画像

前項で紹介した機能とは別に、取引の安定性を高めるための機能として、「Invisible Mode」と「Large Spread and Slippage Protection」と呼ばれる二重の “安全装置” が搭載されている

 

Invisible Modeは、“Invisible(目に見えない)” という言葉が示すように、「設定したSLおよびTPの値を、FX会社から見えないように隠蔽する」機能であり、有効化することで、「ストップ狩り」などの悪質なFX会社による不正操作の被害を未然に防ぐ。

一方で、Large Spread and Slippage Protectionと呼ばれる機能は、スプレッド幅が広がったり、不利な方向に大きくスリッページが発生した場合など、明らかに不利な状況でトレーダーが損失を被ることを未然に防ぐ代物だ。

 

 

異なるEAとの同時運用を念頭に置いた設計

握手のイメージ画像

EA運用による自動売買を行う場合、1つの口座上で複数個のEAを同時に稼働させることはごく一般的な手法だと言えるが、このEAは、その “当たり前” にさらに一歩踏み込んだ設計となっている。

『Forex Real Profit EA』は、他社製EAとの同時運用を強く念頭に置いて開発されているだけでなく、それに関する特別な設定項目までもが用意されているというのだから、非常に面白い。

 

また、取引単位についても、標準ロット(10万通貨)はもちろん、ミニロット(10,000通貨)とマイクロロット(1,000通貨)まで完璧にカバーしており、どの単位での取引においてもEAは問題なく動作する

この柔軟性のある仕様も、他のEAと組み合わせて運用する際に有利に働くことだろう。

 

 

『Forex Real Profit EA』の成績

公式サイト上には、リアル口座で実施されている公式フォワードテストの成績が幾つも公開されているが、やはりその中でも最も注目すべきは、2013年6月から2018年9月現在まで、丸5年間以上もの運用実績を持つリアル口座(※以下、「メイン口座」と呼称)のデータだろう。

 

 

5年という月日の間には、大小無数の相場の乱高下が発生し、幾多のEAが破綻に追い込まれてきたにもかかわらず、この『Forex Real Profit EA』に関して言えば、短いスパンで勝利と敗北を繰り返しながら、一貫して緩やかに右肩上がりの成長曲線を描いている様子が見て取れる。

また、「5年間にわたり一度も破綻していない」というだけで評価に値する訳だが、ここではその最大ドローダウンの小ささも評価したい

 

最大ドローダウンの値が「10~20%」の間に収まっていれば、リスク管理の面で「優秀」と評価されるEAの世界において、わずか「8.12%」に抑え続けている事実は、その運用期間の長さも相まってまさに「驚愕」の一言だ。

反面、平均月利とプロフィットファクターについては、お世辞にも高いとは言い難く、また「462.17%」という通算利益も、運用期間から考えるとやや慎ましやかと言えるかもしれないが、通算勝率は「66%」と十分に及第点にある。

 

しかしながら、何事も物は考えようであり、数十万円あるいは数百万円といった大きな金額を長い時間を掛けて安全に運用する場合には、理想的なEAだと言えるだろう。

あるいは、ポートフォリオの1つに組み込むことで、このEAの弱点である収益性を補いつつ、ポートフォリオ全体の安定性を向上させることも可能かもしれない。

 

以下は、メイン口座以外の口座(※以下、「サブ口座」と呼称)の成績データとなるが、公式と非公式とを問わずMyfxbookによる完全な認証が取れている口座についてのみ掲載している。

 

サブ口座1

サブ口座2

サブ口座3

 

サブ口座のうち上2つについては、「2013年12月~2014年1月」の間に運用が開始されているため、運用期間は既に5年近くに達しているほか、残る1つについては、運用期間が1年を超えたばかりで、比較的にまだ “若い” 。

 

資産曲線はどれも似通った形を描いており、程度に差はあれど、メイン口座と同じように小規模な勝敗を繰り返しながら、緩やかに成長し続けてきたようだ。また、直近1~2ヶ月については、やや成績が振るっていなかったものの、既に復調の兆しを見せ始めている。

一方で、最大ドローダウンについては、三者揃ってメイン口座よりも膨らんでしまっているが、通算月利と平均月利についてもメイン口座を上回っているため、「収益性が高まった分だけリスクも大きくなった」と見るのが妥当だろう。

 

月間獲得利益の推移

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
1月 -3.16% +3.18% -5.25% -1.34% -2.62%
2月 +11.09% +9.46% +1.98% +2.23% +1.26%
3月 +2.45% +25.99% +11.81% +2.15% +0.46%
4月 +7.62% +5.91% -1.31% +1.72% +1.01%
5月 +3.21% +16.33% -1.76% +0.03% -0.96%
6月 +29.47% -4.93% +4.67% +7.35% +1.11% +9.49%
7月 +11.14% +1.84% +0.81% -4.71% +3.04% -5.99%
8月 -9.42% -0.5% +2.28% +3.31% -2.17% +5.94%
9月 +3.42% +5.82% -0.39% +2.84% +1.12%
10月 +10.11% +6.72% +2.16% -2.05% +2.81%
11月 -4.22% +9.93% +1.16% +3.75% +0.79%
12月 -4.06% +5.57% +1.9% +8.41% -1.35%
累計 +36.44% +45.66% +73.46% +24.37% +10.14% +8.59%

こちらは、メイン口座の月間獲得利益について、その推移を表に示したもの。2015年をピークに、最初の4年間は順調な成長を見せた一方で、直近の2年間については、成長速度が低下しているようだ。

とは言うものの、「プラス成長で終わった月とマイナス成長で終わった月との比率」を見れば、あくまでも利益の伸び率が鈍化しているだけであり、この2年の間に「負けるEA」になってしまった訳ではないことが分かる。

 

Forex Real Profit EAの月間獲得利益の推移

サブ口座1

Forex Real Profit EAの月間獲得利益の推移

サブ口座2

Forex Real Profit EAの月間獲得利益の推移

サブ口座3

 

また、こちらは3つのサブ口座それぞれについて、2018年における月間獲得利益の推移を示したグラフとなるが、直近3ヶ月間の成績があまり振るっていない様子が見て取れる。

しかしながら、これまでの傾向から見ても一時的な不調で終わる可能性が高く、そう遠からぬうちに再びプラス成長へと転じることとなるだろう。

 

いずれにせよ、メイン口座もサブ口座も、今年に入ってからの通算獲得利益は確実に黒字を維持しており、あまり焦らることなく気長に様子を見守りたい。

 

なお、「VPSのリソースが圧迫された状態になると、適切なタイミングでポジション建てや決済が実行されない現象が発生する」という報告も、一部のユーザーから寄せられている。

MT4の最適化をしたり、VPSのスペックを引き上げたりしたことで問題が解決したとも報告されているため、VPSを利用してこのEAを運用する場合には、スペックにはある程度の余裕を持たせた方が安全だろう。

 

 

『Forex Real Profit EA』の信頼性

初心者だけに限らず、EAの購入を検討しているすべての人に言えるのが、その製品や販売会社が「SCAM(詐欺商材)」でないかどうかを、しっかりと見極めることが、何よりも重要だと言うことだ。

ここからは、『Forex Real Profit EA』の信頼性について評価していきたいと思う。

 

公式サイト上に十分な情報が公開されている

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

『Forex Real Profit EA』の公式サイトを一見した時に、多くの人が「地味」あるいは「無骨」といったような印象を抱くのではないだろうか。

煌びやかで目を惹くような画像や装飾はほぼ皆無な上に、全ページにわたってシンプルなテキストの羅列のみという飾り気のない構成は、確かに面白みには欠けるかもしれないが、美辞麗句で塗り固めない誠実さを感じることができる。

 

また、EAのロジックや仕様、設定などについて、きちんと情報を公開している点も好印象だ。

もちろん他の多くの競合製品と同様に、EAとしての核心に触れるような重要な情報までは明かされてはいないものの、購入を検討している人が知りたいだろう部分に関して、一歩踏み込んだ情報共有が為されている

 

強いてサイトの仕様について苦言を呈するならば、どれだけページを切り替えようとも何食わぬ顔で画面端に居座り続ける男性の顔面が、常に視界の隅にちらついて、絶え間なくこちらの集中を削ぎにかかってくることくらいだろうか。

 

 

信頼性のある成績データが幾つも公開されている

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

公式サイト上には、全部で4つもの公式フォワードテストの成績データが公開されている上に、そのすべてがデモ口座ではなくリアル口座における実績である点は、素直に評価したい

一方で、それら成績データのうち、2つはMyfxbookによる完全な承認が取れているが、残り2つについては不完全にしか承認されていない点は、減点要素と言える。

 

ただし、後者2つについては、フォワードテストの実施期間が「半年~1年半」と短く、既に何年も前に終了している “死んだデータ” であるのに対し、前者2つについては、どちらも「約5年間」の実施期間を持つ現役の “生きたデータ” である点は、考慮に入れて良いはずだ。

また、Myfxbook上には、Myfxbookによって完全に承認された非公式の成績データも公開されているが、それらはどれも客観的な判断材料として価値があり、先ほどの減点とも相殺できるだろう。

 

なお、Myfxbookの信頼性については、以下の記事を参照してほしい。

「Myfxbookの信頼性」を過信すべきでない理由

  「Myfxbookの信頼性も絶対ではない」ということを、ご存知だろうか。   結論から言えば、EAの開発者とFX会社とが裏で結託すれば、Myfxbookから ...

続きを見る

『Best Scalper Forex Robot』の検証とレビュー

『Best Scalper Forex Robot』評価 『Best Scalper Forex Robot』      収益性:(4.0)      安定性:(4.0)     ...

続きを見る

 

口コミやレビューの数が十分にある

Forex Real Profit EAのレビューのキャプチャ画像

『Forex Real Profit EA』について検索した際に、長い歴史を持つEAにしては口コミやレビューの数が少ないように感じるかもしれないが、それは誤解だ。

 

確かに外部サイトについてだけ見れば、あまり多いとは言えないかもしれないが、このEAには公式フォーラムが存在しており、そちらには多くのユーザーから “生の声” が寄せられている

また、外部サイトの数が多くないとは言っても、あくまでも「販売期間の長さにしては」という但し書きが付く話であって、他の多くの新しい製品と比べれば、同等かそれ以上には存在している上に、肯定的あるいは建設的な意見が大半を占めていることを、明言しておきたい。

 

そのほか、多くの競合製品が、出典の定かではない「お客様の声」を公式サイト上に掲載している一方で、『Forex Real Profit EA』は、そのすべてに出典を明記。情報の信頼性という点で、他の一歩先を行っている。

 

なお、公式フォーラム上では当然なのかもしれないが、「信頼性が高い」と認知されている海外の掲示板サイトであるDonna Forex Forumや他の外部サイトを見ても、収益性の低さを問題視する声はあれど、明確に「SCAM(詐欺商材)」だと指摘する声は見かけない

 

 

最長で5年以上もの間、成績が一度も破綻していない

殊更に強調するまでもなく、「丸5年以上もの間、一度も破綻していない成績データが存在する」という事実は、それだけでEAとしての信頼性を高めるものだと言える。

しかも、ほぼ同様の成績データがさらに幾つか存在しているというのだから、単一のEAで長期間にわたり勝ち続けることの難しさを思えば、もはや驚くほかない。

 

また、無数の細かい起伏だらけの歪な右肩上がりの曲線は、このEAが本当にマーチンゲール法やナンピンなどのハイリスクな手法を用いていないことの証左と言えるが、公式に標榜する “Safe & Consistent Profit(安全かつ着実に利益を上げる)” という設計思想に偽りはないようだ。

 

どれだけ素晴らしいロジックや仕様を持つEAだろうと、実際の市場で勝ち続けられなければ、絵に描いた餅に過ぎない。

その意味において、「勝ち続ける」という実績を持って、このEAは自らの信頼性を証明していると言える。

 

未だにEAの定期的なアップデートが行われている

Forex Real Profit EA公式フォーラムのキャプチャ画像

予想を裏切りながら絶え間なく変化し続ける市場を相手取り、長きにわたり安定して勝ち続けることのできるEAなどは、わずか一握りしか存在しないだろう。

 

その “わずか一握りの存在” になるために、多くのEAは、市場の状況に適応させる形で定期的にアップデートを実施する訳だが、この『Forex Real Profit EA』もそのご多分に漏れることはない。

2009年の発売以来、定期的なバージョンアップを重ねて続けており、直近では、2018年1月に最新版の提供が開始されている

 

この「発売から10年近くが経過してもなお開発が続いている」という事実は、「今なおこのEAを利用し続けている人がいる」という事実の証明であると同時に、このEAの実力と信頼性を裏付けているとも言えるだろう。

 

 

『Forex Real Profit EA』の総評

EAとしての「安定性」と「保守性」の優秀さについては、『Forex Real Profit EA』が、5年以上もの年月をかけて積み上げてきた実績をもって証明しており、そこに異論の余地はあまりないはずだ。

しかしながら、その反面では、長い時間を掛けて「収益性」の低さをも証明してきたとも言える訳だが、この収益性という観点こそが、このEAに対する評価を難しくする最大の要因となっている。

 

繰り返し強調しておくが、このEAは「買い切り方式」ではなく「サブスクリプション方式」を採用しており、ユーザーは毎年199ドルを支払い、EAの利用権を更新しなくてはならない。

つまり、あまり収益性が高くないため、その年にこのEAを運用して得た利益が199ドルを下回った場合、損益が赤字となってしまう恐れがあるということだ。これが、サブスクリプション方式のEAが抱える最大のリスクだと言えるだろう。

 

とは言うものの、この問題点が真に問題となるかどうかは、運用する金額に大きく左右される

 

例えば、年利を10%とした場合、「10万円」の証拠金で運用を開始すれば、1年後にはおよそ「1万円」の利益を得られていることになるが、サブスクリプション代金を差し引くと、EA単体の損益としては「1万円」ほどの赤字となってしまう。

一方、同じ条件で「100万円」の証拠金を運用した場合には、1年後に得られる利益はおよそ「10万円」となるため、サブスクリプション代金を差し引いても、余裕で黒字に終わることができる。

 

実際には、公式および非公式フォワードテストの成績を見ても、平均月利で「2~3%」以上は実現されているため、同様の成績を自分でも維持さえできれば、上の例のように「10万円」の証拠金で運用したところで最終的には黒字となる計算なので、あまり深刻になる必要はないはずだ。

なお、ここ1~2年間は、このEAにとって “我慢の年” となっているため、かつての調子を取り戻してさえしてくれたならば、サブスクリプションの更新費用についていちいち頭を悩ませる必要もなくなるのだが、今はまだそれも皮算用に過ぎない。

 

そうなると、やはり『Forex Real Profit EA』を運用するならば、前述したように、「ポートフォリオの1つとして別のEAと組み合わせて収益性という弱点を補う」か、あるいはその堅実さと安定性を信じて、「このEA単体で、数十万円~数百万円くらいのまとまった金額を長期的に運用する」という形が現実的と言えるだろう。

 

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

 

繰り返しとなるが、このEAを運用しても、短期的かつ爆発的な資産増加は望めない。ただし、長期的に安定した資産運用を考えているならば、このEAは、非常に有力な選択肢の1つとなり得るはずだ。

数あるEAの中でも、ちょっと毛色の異なる “変わり種” と言えるが、きちんと条件を整えて植えてやれば、きっと数年後には大輪の花を拝むことができるだろう。

 

 

『Forex Real Profit EA』の購入方法

公式サイト上にある「BUY NOW」と書かれたボタンをクリックする

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

 

 

移動先のページで、各項目に必要な情報をすべて記入する

 

Forex Real Profit EA購入画面のキャプチャ画像

 

なお、サブスクリプションの解除は、購入完了後にClick2Sellから送られてくる確認メールに記載されたリンクから、任意のタイミングで行うことが可能。

 

 

すべての情報を入力した後、「CLICK TO BUY!」ボタンをクリックする

Forex Real Profit EA購入画面のキャプチャ画像

 

 

購入者特典について

 

なお、当サイトを通じて『Forex Real Profit EA』を購入していただいた方には、EAの販売会社との連絡の仲介などまでを含め、全般に関して30日間のサポートをいたします

さらに、当サイトが推奨するFX会社の口座でEAを運用された場合、無期限の永久サポートをいたします。

 

購入者特典について、詳しくはこちら

 

 

また、希望者には、『Forex Real Profit EA』のユーザーマニュアルを和訳したオリジナルPDFファイルもプレゼント

 

Forex Real Profit EA公式サイトのキャプチャ画像

「海外製EAには興味があるのに、英語力に自信がない」という方のために立ち上げたこのサイト。ぜひこの機会にご活用あれ。

 

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex Real Profit EA, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.