Forex Diamond 海外製EA情報

『Forex Diamond』経過観察 その3 |堅調な成長からの急降下

理想的な成長を果たした前回

『Forex Diamond』の検証とレビュー

『Forex Diamond』評価 『Forex Diamond』      収益性:(4.0)      安定性:(4.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.0)☆ ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その1 |設計思想通りの堅実な成長

まだ未知数の「原石」だった前回   前回のレビューにおいては、運用期間は僅か三ヶ月間とまだ短かったものの、中々に好調な滑り出しを見せていた『Forex Diamond』。 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その2 |欠点の見当たらない好成長ぶり

堅実な成長ぶりを見せた前回   前回の経過観察においては、粘り強い成長ぶりを見せ、設計思想通りの堅実さを証明してみせた『Forex Diamond』。 しかし一方では、成 ...

続きを見る

 

前回、あらゆる面において非の打ち所の見当たらない成長ぶりを見せ、大きく成績を伸ばすことに成功した『Forex Diamond』。

そのまま勢いに乗って長い成長期へと突入してくれることが期待されていたが、はたして今回、期待通りの成長を遂げてくれているのだろうか。

 

 

前回とは真逆の苦しい展開

残念ながら今回、『Forex Diamond』は寄せられた期待とは裏腹に調子を急激に落とし、成績を大きく後退させてしまう結果となった。

資産曲線からは、一進一退を演じながらも着実に右肩上がりの成長を続けてきた様子を窺えるが、直近に突如として発生した “急勾配” が、成績の急落ぶりを如実に物語っていると言えるだろう。

 

 

「通算利益」を始め、「平均月利」に「プロフィットファクター(PF)」、果ては「最大ドローダウン」に至るまで数字は大きく悪化

「通算勝率」の数字に変動が見られない点を見ると、時間と回数を掛けて徐々に負債を膨らませた訳ではなく、短期間かつ少ない取引回数で一気に大きな損失を被ったことが分かる。

 

実際、つい数日前の取引履歴を見れば、僅か数時間の間に実行された十回にも満たない取引によって、それまで積み上げられてきた利益の多くを失っていることを確認できるはずだ。

 

『Forex Diamond』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 34.45% 5.33% 8.52% 73% 1.66
第1回 39.84% 8.81% 6.13% 71% 1.35
第2回 63.30% 8.81% 7.13% 72% 1,41
第3回 47.55% 17.33% 4.74% 72% 1.23
前回比 -15.75% -8.52% -2.39% ±0.0% -0.18
累計 +13.10% -12.00% -3.78% -1.0% -0.43
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第1回 +347.5 pips +22.64 豪ドル
第2回 +784.9 pips +98.49 豪ドル
第3回 -402.6 pips -66.12 豪ドル
前回比 -1,187.5 pips -164.61 ドル
累計 +729.8 pips +55.01 豪ドル

なお、EAが成績を大きく悪化させた場合、特に決定的な原因が存在していないことも決して珍しくはないと言えるが、不幸中の幸いと言うべきか、今回の成績悪化に関しては、明確な原因の少なくとも一つは判明している。

その原因とは、「英ポンド(GBP)」だ。

 

より厳密に言えば、元々「Brexit(ブレグジット)」問題で不安定さの高まっていたところに、先日の英国で実施された総選挙の結果が重なり、同通貨の為替が短期間で急激な値動きを見せたことが、大きな原因だと言える。

結果として、英ポンド絡みの通貨ペアも引き摺られるようにして短期間で大きな値動きを強いられ、不利な方向にポジションを抱えていたEAが、軒並み手痛い損失を被る格好となってしまった訳だ。

 

『Forex Diamond』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(AUD)
1月
2月
3月
4月 +9.97 +351.6 +41.87
5月 +4.71 +244.5 +21.73
6月 +10.1 +425.2 +48.84
7月 +2.51 +163.6 +13.34
8月 +3.16 +233.7 +17.26
9月 +4.41 +255.4 +24.85
10月 +12.28 +574.9 +72.17
11月 +5.28 +279.8 +34.84
12月
累計 +52.42 % +2,528.7 pips +275.90 AUD

※AUD = オーストラリアドル

『Forex Diamond』の年度別成績(※クリックで展開)

※現在の公式フォワードテストに、2018年以前のデータは存在していません。

『Forex Diamond』は、「米ドル/円(USDJPY)」と「英ポンド/米ドル(GPBUSD)」の二つの通貨ペアを取引するEAではあるものの、実際に全体の取引頻度において占める割合としては、後者の方が圧倒的に大きい

元来、比較的に大きな値動きを見せやすいことで知られる「英ポンド/米ドル」だが、『Forex Diamond』は今回、「EU離脱の瀬戸際にある英国の総選挙」という世界的に注目度の高いイベントの余波を、真正面からもろに受けてしまったと言えるだろう。

 

 

今回の総評

先に述べた通り、今回は前回とは打って変わってかなり苦しい展開を迎える形となってしまった『Forex Diamond』だが、前回に大きく積み上げた “貯金” をすべて食い潰さずに済ませた点に関しては、不幸中の幸いと言って良いだろう。

無論、世界的な “流れ” に巻き込まれたとは言え、短期間で大きく成績を悪化させたことに関しては、紛れもない事実として厳然と批評すべきだと思われる。

 

しかしながら一方では、少なからぬEAが『Forex Diamon』以上の損害を受けており、中には破綻にまで追い込まれたEAも存在していることを思えば、被害を最小限に食い止めた『Forex Diamond』の実力についても評価されて然るべきだろう。

 

Forex Diamondの成績データ画像

2019年12月16日時点での『Forex Diamond』の成績

 

なお、本稿は『Forex Diamond』の経過観察であるため、必然的に「Forex Diamondの成績が悪化した」というスタンスで文章を綴ってきたが、前述の通り、今回の成績悪化に関しては、英国および英ポンドを取り巻く情勢の劇的な変化が直接的な引き金だと言える。

 

実際、英ポンド絡みの通貨ペアを中心に取引していたEAの多くが大損失を被っており、その被害規模から見ても、今回の件に関しては、「何か特定のEAが成績を悪化させた」というよりも、「世界的に影響を及ぼす規模の為替変動が生じた」と解釈した方が良さそうだ。

また、数ある英ポンド絡みの通貨ペアの中でも、「英ポンド/米ドル(GBPUSD)」は特に大きく揺れ動くこととなり、各所でひと際深い爪痕を残した通貨ペアだと言えるだろう。

 

事実、圧倒的な安定性が高く評価されていた『Forex Flex EA』のカスタム設定「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」も今回、「英ポンド/米ドル」の含み損を抱え込み切れず、ついには口座を破綻させるまでに至っている。

それを思えば、今回の『Forex Diamond』は、やはり「上手くやった」方だと言えそうだ。

 

 

一時期に比べて落ち着きを見せたとは言え、英ポンド絡みの通貨ペアを取り巻く状況は、まだ決して安心の出来るものではないと言うべきだろう。

とは言え、近々で想定される “最大の山場” をひとまずは乗り切ったと思われるため、ここからの仕切り直しで生来の粘り強さを発揮し、劇的な巻き返しに大いに期待したいところだ。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ

-Forex Diamond, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.