Forex Gump EA 海外製EA情報

『Forex Gump EA』経過観察 その3 |「ハイリスク・ハイリターン系EA」の面目躍如

投稿日:

停滞の兆しを見せた前回

Forex Gump EAの画像
『Forex Gump EA』の検証とレビュー

『Forex Gump EA』評価 『Forex Gump EA』      収益性:(5.0)      安定性:(3.5)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.0)☆ ...

続きを見る

Forex Gump EAの画像
『Forex Gump EA』経過観察 その1 |安定した成長ぶりは健在

レビュー後では初の経過観察   有難くも先月下旬、当サイト初の読者リクエストにより、『Forex Gump EA』のレビューを行ったが、あれから約一ヶ月が経過。 さっそく ...

続きを見る

Forex Gump EAの画像
『Forex Gump EA』経過観察 その2 |一時的な鈍化と復調の気運

前回の経過観察から、ちょうど一ヶ月   前回、総じて好ましい成長を見せてくれた『Forex Gump EA』だったが、その成長のペース自体については、やや鈍化の傾向を見せ ...

続きを見る

 

先日、注目の「ハイリスク・ハイリターン系EA」として鳴り物入りで登場した『Forex Gump EA』だが、これまでのところ口座を破綻させることなく、順調に利益を積み重ねてきていた。

今回についても、これまで同様の成長が期待されるが、はたして “期待の注目株” は、その期待に応えてくれたのだろうか。

 

 

期待と予想を裏切らない「良い知らせ」と「悪い知らせ」

期待と不安に逸りながら結果を紐解いてみたところ、手元には今、「良い知らせ」と「悪い知らせ」の両方が並べられているのだが、まずは「良い知らせ」の方から伝えることにしたい。

まず、今回も『Forex Gump EA』は、通算利益の数字を大きく伸ばすことに成功しており、その成長幅は、好成長を遂げた前回と前々回の記録をも優に上回っているほどだ。

 

それに伴い、プロフィットファクター(PF)も顕著な回復を見せ、前回までのマイナス分が一気に解消される結果となった。

また、平均月利の数字については、下落の流れが止まるには至らなかったものの、先月の月間獲得利益は、一ヶ月ぶりに「10%」の大台を突破。前回の経過観察において懸念されていた “停滞の芽” を、見事に摘み取ることに成功している。

 

一方で今回、最大ドローダウンの値が大幅に更新されていることも確認された。これが、前述した「悪い知らせ」だ。

素晴らしい好成長を遂げた反動なのか、その更新幅は「20.4%」と大きく、最大ドローダウンの値は「61.68%」にまで膨れ上がり、完全に “危険水域” に肩までどっぷり浸かる格好となった。

 

この “肉を切らせて骨を断つ” を地で行くような極端な成長ぶりは、まさに「ハイリスク・ハイリターン」を体現していると言えるだろう。

 

『Forex Gump EA』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 575.60% 36.2% 77% 2.37
第1回 644.39% 41.28% 31.5% 76% 2.27
第2回 720.80% 41.28% 28.9% 76% 2.16
第3回 836.34% 61.68% 26.8% 76% 2.37
前回比 +115.54% -20.4% -2.1% ±0.0% +0.21
累計 +260.74% -20.4% -9.4% -1.0% ±0.0
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第1回
第2回
第3回 +4,483.4 pips +1,117.13 ドル
前回比
累計 +4,483.4 pips +1,117.13 ドル

なお今回、実際に『Forex Gump EA』を運用する読者の方から、経過観察における『Forex Gump EA』の成長性に対する評価基準について、有り難くも貴重な意見を賜った。

以下に、その骨子を共有したいと思う。

 

  •   FXBlueの成績データにおける月利は、「前月末残高」を母数としている
  • 『Forex Gump EA』の公式フォワードテストは、「単利」で運用されている

上記二つの理由から、単月での収益額が同じ場合でも、前月末残高が増えるにつれて算出される月利の利率が低くなってしまうため、現在の評価項目では、成長性を正確に評価できないのではないだろうか。

 

至極ごもっともな意見だとしか言いようもなく、指摘されるまで現在の評価基準における不足に思い至れなかった自分自身に恥じ入るばかりだが、やはり反省は行動にして示すべきだろう。

そこで今回から、これまでの評価項目のほか、「前回の経過観察から今回までの期間を対象とした損益」についても、新たに項目に追加することとした。

 

月間獲得利益の推移

2018年 2019年
1月 +14.5%
2月 +6.8%
3月 +13.5%
4月
5月
6月
7月 +113.09%
8月
9月 +32.5%
10月 +33.9%
11月 +30.6%
12月 +23.7%
累計 +234.6% +34.8%

早速、追加されたばかりの評価項目について確認するが、『Forex Gump EA』は今回、直近の約一ヶ月間において「4,483.4pips」、金額にして「1,117.13ドル」もの利益を獲得することに成功している。

初期証拠金や現在残高の額によって評価は変わるものだろうが、「わずか一ヶ月程度の間に、日本円換算で「12万円」以上の利益を稼ぎ出した」という事実は、おそらく多くの人にとって、十二分に「良い知らせ」となり得ることだろう。

 

やはり『Forex Gump EA』は、「リスクに見合うだけのリターンを得られる潜在能力を秘めたEA」だと言えそうだ。

 

 

今回の総評

前回の時点では、どうなることかと気を揉んだ今回の経過観察だったが、いざ終わってみれば、想定外の波乱に見舞われることもなく、通算利益をさらにうず高く積み重ねることに成功する結果となった。

最大ドローダウンの値が大きく更新されてしまった点については、間違いなく残念な結果だとは言えるが、そもそも『Forex Gump EA』が「ハイリスク」を前提にしたEAである以上、“想定外の波乱” だとまでは言えないだろう。

 

Forex Gump EAの成績データ画像

2019年4月26日時点での『Forex Gump EA』の成績

 

なお、今回の経過観察においては、「良い知らせ」と「悪い知らせ」の程度がどちらも甚だしく、少々『Forex Gump EA』に振り回された感は否めないが、そのこと自体は、「ハイリスク・ハイリターン」の要素が強いEAにおいては、特筆するほど珍しいことではない。

むしろ、世の中には、「ハイリスク・ハイリターン」を謳っておきながら、実際には「ローリスク・ハイリターン」という悪夢のような仕様を備えた製品が存在していることを思えば、こうも清く正しく「ハイリスク・ハイリターン」を体現している点には、いっそ有難みさえ感じられる

 

また、長所と短所について、それぞれ良い方向にも悪い方向にも際立っている分だけ、EA運用に付随する様々な要素について “割り切った運用” をしやすいと言えるが、この点に関しても、「収益性の高さ」とはまた異なる『Forex Gump EA』の魅力だと言えるだろう。

 

先日のレビュー以来、当サイトにおいても一躍人気を博することとなった『Forex Gump EA』だが、今回はその「収益性」と「リスク」について、改めて “実力” を見せつけられる格好となった。

引き続き、この良くも悪くも強力で魅力的な “爆弾” の今後を、期待半分、警戒半分の精神で見守り続けていくことにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex Gump EA, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.