Forex GOLD Investor 海外製EA情報

『Forex GOLD Investor』経過観察 その5 |長引く停滞の流れ

「小休止」の期間となった前回

『Forex GOLD Investor』の検証とレビュー

『Forex GOLD Investor』評価 『Forex GOLD Investor』      収益性:(2.5)      安定性:(3.0)      信頼性:(4.0) ...

続きを見る

『Forex GOLD Investor』経過観察 その1 |荒波にも似た粘りの成長

レビュー後、初の経過観察   先日、「ゴールド/米ドル(XAUUSD)」の取引に特化した珍しいEAとして『Forex GOLD Investor』を取り上げてから、気付け ...

続きを見る

『Forex GOLD Investor』経過観察 その2 |停滞の気運を吹き飛ばす好成長

値動きの波に翻弄された前回   基本的に大きな値動きを見せる「ゴールド/米ドル(XAUUSD)」に特化していることもあり、寄せては返す波のような形の資産曲線を描いた前回の ...

続きを見る

『Forex GOLD Investor』経過観察 その3 |リアル口座でフォワードテスト開始

前回の更新から一年半が経過   長らく「デモ口座」上でしか公式フォワードテストを実施していなかったにもかかわらず、ここに来て今回、新たに「リアル口座」上での実施に踏み切っ ...

続きを見る

『Forex GOLD Investor』経過観察 その4 |好成長後の羽休め

好調な出足を見せた前回   前回、突如としてリアル口座上での公式フォワードテスト成績の公開に踏み切ると、なかなかの好調ぶりを見せてくれていた『Forex GOLD Inv ...

続きを見る

 

前々回に突如「リアル口座」上でのフォワードテストが開始され、出足の好調な勢いそのままの好成長が期待されていた前回の『Forex GOLD Investor』。

残念ながら前回はいま一つ伸び悩む結果となってしまったが、はたして今回やいかに。

 

いま一つ成長の波に乗り切れず

結論から言えば、『Forex GOLD Investor』は今回も前回から引き続いてあまり調子が振るわず、一時的には「通算利益」が三桁の大台に届きそうなところまで達していたものの、最終的にはむしろ前回からはマイナス成長を遂げる格好となっている。

資産曲線の推移にも、ある時期から現在に至るまで、およそ一定水準の中で緩慢に上下を続けている様子が見て取れることだろう。

 

 

実際に数字上での推移を見てみると、「通算利益」は前回比で「5.63」ポイント減の赤字を計上。前回に積み上げた利益を上回る損失を計上しており、初レビュー時よりも数字を下回る形となった。

前回から今回にかけて「731.0pips」または「16.87ドル」の赤字を計上している「損益」の数字からも、今回の不調ぶりが窺い知れよう。

 

『Forex GOLD Investor』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 83.82% 38.17% 9.22% 69% 1.36
第1回 87.24% 38.17% 7.69% 69% 1.34
第2回 81.61% 38.17% 5.66% 67% 1.27
前回比 -5.63% ±0.00% -2.03% -2.0% -0.07
累計 -2.21% ±0.00%
-3.56% -2.0% -0.09
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第1回 +177.0 pips +11.87 ドル
第2回 -731.0 pips -16.87 ドル
前回比 -554.0 pips -5.00 ドル
累計 -554.0 pips -5.00 ドル

そのほか、「平均月利」については集計システムの仕組み上やむを得ないとして、「プロフィットファクター(PF)」や「通算勝率」といった項目の数字も軒並み悪化しており、やはり数字の面からはポジティブな要素を見出すことは難しい。

強いて良かった点を挙げるならば、直近の期間中における「最大ドローダウン」の数字が「10.02%」と、低い水準にとどまっていたことくらいだろうか。

 

なお、「現在」という「点」で物を語れば、確かに今回の成績は散々なものだったと言えるだろうが、「前回から今回までの期間」という「線」で語れば、実はそう悪いものではなかったことが、「月度別成績」の推移からも読み取れるだろう。

『Forex GOLD Investor』の月度別成績

2021年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +18.99 +7,144.0 +75.60
2月 +23.46 +9,258.0 +111.11
3月 -7.21 -4,612.0 -42.15
4月 +0.38 +917.0 +2.05
5月 +7.16 +2,972.0 +39.01
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 +42.78 % +15,679.0 pips +185.62 USD

※USD = アメリカドル

『Forex GOLD Investor』の年度別成績(※クリックで展開)

2020年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月 +2.29 -308.0 +6.88
8月 -5.65 -2,793.0 -17.34
9月 +30.73 +6,612.0 +88.98
10月 -30.15 -7,076.0 -114.11
11月 +19.62 +3,975.0 +51.87
12月 +25.87 +6,950.0 +81.82
累計 +42.71 % +7,360.0 pips +98.10 USD

先々月については毒にも薬にもならないような結果となっているが、先月については、やや控えめでこそあれ、「pips」と「金額」とともにきちんと黒字に終えている。

一方で、今月に入ってからは調子を反転させてしまっているからこその「現在」の芳しくない状況がある訳だが、良くも悪くも短期的な “浮き沈み” のし易さを勘案すれば、最終的に黒字で終えられる可能性は十分にある、と言えるだろう。

 

 

今回の総評

長い沈黙を破って突然「リアル口座」上でのフォワードテスト再開に乗り出したものの、未だ勢いの波にいま一つ乗り切れていない感の強く漂う『Forex GOLD Investor』

とは言え、どの「瞬間」を切り取って分析するかで成績に対する印象が大なり小なり変わってしまうことも事実であり、その意味では、長期的なスパンで見れば『Forex GOLD Investor』も着実に右肩上がりに成長してきてはいるとも言えるだろう。

 

Forex GOLD Investorの成績データ

2021年6月16日時点での『Forex GOLD Investor』の成績

 

なお、何かにつけて指摘している通り、「ゴールド/米ドル(XAUUSD)」は大きな値動きを見せやすい通貨ペアであるため、上手く流れに乗れない状態が続くと、直近のように比較的に大きな “山” と “谷” が連続して描かれることとなってしまいがちだと言える。

しかしながらある意味で、現在の状況は「均衡が上手く保たれている」状態でもあり、停滞している流れが少し悪い方に傾けば、一気に大きな損失に繋がりかねない訳だが、裏を返せば、少し良い方に傾けば、一気に大きく成長する可能性もあると言えるだろう。

 

無論、この手の “たられば” に然したる意味などはないものの、実際問題として、『Forex GOLD Investor』というEAが、そういう成長の仕方をしやすいEAであることは間違いない。

また、少なくとも本来の『Forex GOLD Investor』の特性から言えば、「一歩下がって二歩進む」といったような堅実な “ハイキング” ではなく、「三歩進んで四歩下がってまた五歩進む」くらいの “クライミング” になりがちなことも、また紛れもない事実のはずだ。

 

前回、そして前々回と、いま一つ見どころに欠ける成長ぶりを見せたと言える『Forex GOLD Investor』だが、そう思った次の瞬間に「劇的な展開」を引き起こしがちなのもまた、この手の「ハイリスク・ハイリターン系EA」の特徴だと言える。

次回こそは良い方向に見どころのある展開になることを期待しつつ、引き続き経過の観察を続けることにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex GOLD Investor, 海外製EA情報
-,

© 2021 FXEA.JP-海外製自動売買情報局- Powered by AFFINGER5