FXAdept 海外製EA情報

『FXAdept』経過観察 その12|加速する成長と回復する安定

復帰戦を及第点で飾った前回

『FXAdept』の検証とレビュー

『FXAdept』評価 『FXAdept』      収益性:(3.5)      安定性:(4.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.0)☆☆ おすすめ!☆☆ ※評 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その1|申し分のない成長ぶり

新年初の経過観察   前回レビュー時、約五ヶ月にも及ぶ停滞期からの脱出の強い兆しを見せていた『FXAdept』だが、「停滞を打破したと思ったら再び停滞の波に飲み込まれてし ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その2|目覚ましい成長を維持

急成長の前回から一ヶ月が経過   前回の経過観察では、まさに「非の打ち所がない」と言わんばかりの好成長ぶりを見せつけてくれた『FXAdept』。 その反動による “揺り戻 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その3|飛躍に向けた雌伏の時

三ヶ月連続の好成長なるか   初レビュー以来、非常に安定して好ましい成長を続けてきている『FXAdept』だが、第三回目を迎える経過観察においても、その成長ぶりを維持する ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その4|解消されぬ未曾有の膠着

異例の事態に見舞われた前回   前回、過去にも類を見ないほどに長いドローダウンの時期に突入したことが判明した『FXAdept』だったが、あれから既に数ヶ月。 不本意な雌伏 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その5|待ち望まれた目覚めの時

長らくの膠着を見せた事態に、ついに動きが   『FXAdpet』が、異例の “膠着” から脱することができない状態が続いていることを、前回の経過観察では伝えたが、ついに今 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その6|小休止で力を蓄え大躍進

記録的な膠着状態から脱した前回   前回、取引ロジックの “落とし穴” に嵌まり込み、決済も損切りもできないままにほぼ四ヶ月間にわたりポジションを抱え続けた挙句、そこそこ ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その7|やや足止めを食うも着実に成長

目の覚めるような躍進を遂げた前回   前回の経過観察において、それまでの遅れをすべて取り戻すかのような勢いで、非常に目覚ましい成長ぶりを見せる格好となった『FXAdept ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その8|設計通りの安定感を堅持

全体的に手堅い成長を見せた前回   一時的な成績の後退に見舞われつつも、短期間で着実に盛り返しを図り、最終的にしっかりと黒字を出してみせた前回の『FXAdept』。 常に ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その9|最小限の被害で危難を突破

謳い文句通りの安定感を見せた前回   前回、「安全設計」を謳うEAらしい安定感を見せ、非常に手堅い印象を覚えるような成長を遂げた『FXAdept』。 先月中には多くのEA ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その10|悲劇的な損失と復活への再始動

「英ポンドショック」を上手く切り抜けた前回   前回、昨年末の英国総選挙に端を発する市場に走った激震の影響を、最小限に抑えて乗り切ってみせた『FXAdept』。 直近の期 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その11|完全復活に向け好調な滑り出し

過去最大の成績悪化を見せた前回   前回、「コロナショック」によって荒れる市場の流れに飲み込まれ、敢え無く “撃沈” するに至ってしまった『FXAdept』。 市場が安定 ...

続きを見る

 

長い時間をかけて積み上げてきた努力の成果を、一瞬で水泡に帰してしまうな “大崩落” に遭いながらも、いち早く復活に向けて好調な再出発を切って見せた前回の『FXAdept』。

既に調子を取り戻しつつあるような徴候も見られていたが、はたして今回も無事に成長の流れに乗ることはできたのだろうか。

 

 

前回をも上回る頼もしい好成長

結論から言えば、実に喜ばしいことに『FXAdept』は今回、成長著しかった前回をも上回る勢いでの好成長を果たしており、再び大きく利益を積み上げることに成功する格好となった。

先日の “大崩落” からちょうど三ヶ月ほどが過ぎた現在、被った損害の半分以上は既に取り戻すに至っている訳だが、直近の時期における市場の不安定さも加味すれば、大損害後の立て直しとしては十分に及第点の付けられるものだと言えるだろう。

 

 

また、「前回をも上回る勢いでの好成長」と評したばかりだが、各評価項目における成績が、その言葉に嘘偽りがないことの何よりの証左だ。

実際、「損益」までを含め、「平均月利」と「最大ドローダウン」を除いた全項目において、前回の『FXAdept』が記録した成績を上回っている

 

『FXAdept』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 194.08% 24.85% 9.05% 58% 1.69
第1回 246.75% 24.85% 9.30% 58% 1.85
第2回 289.46% 24.85% 9.56% 57% 1.92
第3回 291.41% 24.85% 8.68% 57% 1.93
第4回 291.41% 18.98% 7.65% 57% 1.93
第5回 262.74% 18.98% 6.93% 57% 1.74
第6回 316.60% 18.98% 6.99% 58% 1.84
第7回 345.62% 18.98% 6.59% 56% 1.76
第8回 365.69% 18.98% 6.47% 55% 1.77
第9回 375.67% 18.98% 6.12% 55% 1.78
第10回 159.60% 51.13% 3.44% 53% 1.21
第11回 218.01% 51.13% 3.95% 54% 1.28
第12回 287.51% 51.13% 4.45% 55% 1.36
前回比 +69.50% ±0.00% +0.50% +1.0% +0.08
累計 +93.43% -26.28% -4.60% -3.0% -0.33
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第4回
第5回 +209.5 pips -286.77 ドル
第6回 +407.5 pips +538.65 ドル
第7回 +170.5 pips +290.13 ドル
第8回 +124.4 pips +221.68 ドル
第9回 +199.0 pips +99.84 ドル
第10回 -1,084.4 pips -2,160.75 ドル
第11回 +324.0 pips +584.15 ドル
第12回 +380.7 pips +694.94 ドル
前回比 +56.7 pips +110.79 ドル
累計 +731.2 pips -18.13 ドル

また、その「平均月利」にしたって、僅か「0.01%」ばかり及ばなかっただけに過ぎない上に、そもそも「最大ドローダウン」の数字は悪化することはあっても、原則として改善されることはない

前々回以降、「プロフィットファクター(PF)」と「通算勝率」の数字が着々と改善されつつあるところをみれば、ここ数ヶ月間における『FXAdept』の調子の良さがはっきりと窺い知れるというものだろう。

 

『FXAdept』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +4.48 +305.8 +208.74
2月 -5.93 -145.6 -288.29
3月 -39.10 -942.6 -1,789.86
4月 +17.30 +269.6 +482.10
5月 +15.80 +284.0 +516.75
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 -7.45 % -228.8 pips -870.56 USD

※USD = アメリカドル

『FXAdept』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +12.32 +228.7 +427.12
2月 +0.50 +9.4 +19.54
3月
4月
5月 -8,25 +190.5 -322,92
6月 +5.18 +98.2 +185.93
7月
8月 +15.99 +444.4 +604.06
9月 -4.91 -103.5 -216.06
10月 +6.58 +156.0 +274.04
11月 +4.88 +114.6 +216.69
12月
累計 +32.29 % +1,138.3 pips +1,188.40 USD
2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +18.82 +235.1 +210.73
2月 +25.26 +362.2 +336.06
3月 +27.94 +327.4 +465.54
4月 +11.01 +161.0 +234.69
5月 +0.62 +81,7 +14.78
6月 +4.53 +76.5 +107.84
7月 +2.92 +34.7 +72.63
8月 -1.65 -17.7 -42.3
9月 -3.65 -47.0 -91.9
10月 +12.34 +158.4 +299.69
11月 +16.25 +251.1 +443.31
12月 +9.36 +175.7 +296.85
累計 +123.75 % +1,799.1 pips +2,347.92 USD
2017年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月 -5.78 -61.3 -57.82
12月 +18.83 +199.7 +177.38
累計 +13.05 % +138.4 pips +119.56 USD

なお、「月度別成績」についても、先月の成績が順当に先々月の成績を上回っており、やはり直近の『FXAdept』が徐々に調子を上げつつある様子が見て取れる。

ちなみに、「金額」では先月の方が僅かに好成績であるにもかかわらず、「成長率」では先々月の数字に及んでいないのは、「口座残高(証拠金)が増えるにつれて、同じ大きさの利益を得ても成長率の数字は小さくなる」というMyfxbookの仕様のためだ。

 

 

今回の総評

前回の経過観察において、完全復活に向けた順調な幕開けを飾ってみせただけに、そのまま良い成長の流れに乗ってくれることが強く期待されていたが、『FXAdept』は今回、その期待にほぼ完璧な形で答えてみせたと言えるだろう。

資産曲線を見ても、“大崩落” 以降の曲線が描く勾配は、若干ながらもそれ以前までよりも急になっており、その意味では、直近の『FXAdept』は過去最高に「右肩上がりに成長している」と言えそうだ。

 

FXAdeptの成績データ

2020年6月4日時点での『FXAdept』の成績

 

なお前回、“大崩落” 前後において『FXAdept』が安定性を大きく欠いていたことを指摘したが、下の画像を見ても分かるように、直近の期間においてはかなり安定を取り戻しつつあるようだ。

 

直近の期間は、ドローダウンの水準が前回よりも明らかに一段低くなっている

 

流石に「コロナ禍」が猛威を振るう前までの水準にまでは戻り切っていないものの、だいぶ近い域にまでは達しつつあり、少なくとも前回と比較すれば、確実に落ち着きを取り戻していることは間違いない

仮に現在の調子が今後も続いたならば、そう遠くない将来にもかつての水準で安定を見せるようになり、“大崩落” によって負った傷も完全に癒し、再び更なる高みに向かって登り始めてくれることだろう。

 

とは言うものの、幾ら『FXAdept』が調子を取り戻そうとも、市場そのものが未だ不安定さを色濃く残している現状を思えば、決して気を緩められるような状況ではないことも、否定しようのない事実だと言える。

「ピンチこそチャンス」だと言うのならば、「チャンスこそピンチ」だとも言えるだけに、『FXAdept』がこの正念場を見事に乗り切ってくれることを願いつつ、引き続き見守っていくことにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-FXAdept, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.