FXAdept 海外製EA情報

『FXAdept』経過観察 その6|小休止で力を蓄え大躍進

投稿日:2019年8月13日 更新日:

記録的な膠着状態から脱した前回

『FXAdept』の検証とレビュー

『FXAdept』評価 『FXAdept』      収益性:(4.0)      安定性:(4.5)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.0)☆☆ 注目株!☆☆ ※評価 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その1|申し分のない成長ぶり

新年初の経過観察   前回レビュー時、約五ヶ月にも及ぶ停滞期からの脱出の強い兆しを見せていた『FXAdept』だが、「停滞を打破したと思ったら再び停滞の波に飲み込まれてし ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その2|目覚ましい成長を維持

急成長の前回から一ヶ月が経過   前回の経過観察では、まさに「非の打ち所がない」と言わんばかりの好成長ぶりを見せつけてくれた『FXAdept』。 その反動による “揺り戻 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その3|飛躍に向けた雌伏の時

三ヶ月連続の好成長なるか   初レビュー以来、非常に安定して好ましい成長を続けてきている『FXAdept』だが、第三回目を迎える経過観察においても、その成長ぶりを維持する ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その4|解消されぬ未曾有の膠着

異例の事態に見舞われた前回   前回、過去にも類を見ないほどに長いドローダウンの時期に突入したことが判明した『FXAdept』だったが、あれから既に数ヶ月。 不本意な雌伏 ...

続きを見る

『FXAdept』経過観察 その5|待ち望まれた目覚めの時

長らくの膠着を見せた事態に、ついに動きが   『FXAdpet』が、異例の “膠着” から脱することができない状態が続いていることを、前回の経過観察では伝えたが、ついに今 ...

続きを見る

 

前回、取引ロジックの “落とし穴” に嵌まり込み、決済も損切りもできないままにほぼ四ヶ月間にわたりポジションを抱え続けた挙句、そこそこ大きな「損失」をもって膠着状態に終止符が打たれることになった『FXAdept』。

不幸中の幸いと言うべきか、“泥沼” から脱した直後には良好な予後を示していただけに、今回の成績にも大きな期待が寄せられるが、はたして。

 

 

小休止で力を溜め、一気に高みにまで駆け上がる

実は、前回の経過観察を終えてまだ間もない頃に、『FXAdept』はまたも “落とし穴” に嵌り、再びその歩みを止めていたのだが、今回の “穴” は比較的に浅かったらしく、前回よりも遥かに短い時間で再び活動の再開を果していた。

しかも喜ばしいことに、今回の膠着状態については、前回被った「損失」の大半を補填する「利益」をもって終止符が打たれている上に、その前後においてもなかなかの好成長を演じており、既に通算利益の値は過去最高を更新するに至っている。

 

 

実際の成長ぶりに関しては、直近の資産曲線が描く稜線の形を見れば、その好調さ加減が伝わってくることだろう。ごく細かな凹凸を刻みながらも、見事な右肩上がりの成長曲線を描いている。

その好調な様子は数字にも表れており、pipsの獲得量を除いたすべての項目において、前回よりも成績を改善。特に今回の通算利益における成長は目覚ましく、集計期間のばらつきを加味しても、明らかに過去最高水準の伸びを見せることとなった。

 

『FXAdept』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 194.08% 24.85% 9.05% 58% 1.69
第1回 246.75% 24.85% 9.30% 58% 1.85
第2回 289.46% 24.85% 9.56% 57% 1.92
第3回 291.41% 24.85% 8.68% 57% 1.93
第4回 291.41% 18.98% 7.65% 57% 1.93
第5回 262.74% 18.98% 6.93% 57% 1.74
第6回 316.60% 18.98% 6.99% 58% 1.84
前回比 +53.86% ±0.0% +0.06% +1.0% +0.10
累計 +122.52% +5.87% -2.06% ±0.0% +0.15
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第4回
第5回 +209.5 pips -286.77 ドル
第6回 +407.5 pips +538.65ドル
前回比 +198.0 pips +825.42 ドル
累計 +617.0 pips +251.88 ドル

また、『FXAdept』の好調ぶりは、第三回よりこちら緩やかに下落を続けていた平均月利が今回、久方ぶりの上昇に転じているところにも見て取れるほか、利益と損失との比率を示す指数のプロフィットファクター(PF)が、有意に数字を改善させている点にも顕著だ。

損益に関する成績に話を移しても、「pips」と「金額」の両方において前回を大きく上回る数字を叩き出すことに成功しているだけに、今回の『FXAdept』に対する「絶好調」という印象は変わらない。

 

なお、先日の四か月近くに及ぶ “大停滞” の時と同様、今回の “小停滞” においても、最大ドローダウン値が更新されることはなかったのだが、エントリーのタイミングがロジックによって上手く選定されている結果だと言えそうだ。

 

『FXAdept』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +12.32 +228.7 +427.12
2月 +0.5 +9.4 +19.54
3月
4月
5月 -8,25 +190.5 -322,92
6月 +5.18 +98.2 +185.93
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 +9.75 % +526.8 pips +309.67 USD

※USD = アメリカドル

『FXAdept』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +18.82 +235.1 +210.73
2月 +25.26 +362.2 +336.06
3月 +27.94 +327.4 +465.54
4月 +11.01 +161.0 +234.69
5月 +0.62 +81,7 +14.78
6月 +4.53 +76.5 +107.84
7月 +2.92 +34.7 +72.63
8月 -1.65 -17.7 -42.3
9月 -3.65 -47.0 -91.9
10月 +12.34 +158.4 +299.69
11月 +16.25 +251.1 +443.31
12月 +9.36 +175.7 +296.85
累計 +123.75 % +1,799.1 pips +2,347.92 USD
2017年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月 -5.78 -61.3 -57.82
12月 +18.83 +199.7 +177.38
累計 +13.05 % +138.4 pips +119.56 USD

ちなみに、『FXAdept』が先日の記録的な膠着状態に陥っていた折、同EAの現状について公式サポートに問い合わせたところ、以下のような回答があったことを覚えているだろうか。

 

Unfortunately, the situation with the open trades is still remaining (there are 3 open orders in the Market.They need be closed with a profit or with a loss. Then the EA will open new trades).

残念ながら、保有ポジションを抱え続けている状況が、未だに続いています(損益のどちらであれ、保有している三つのポジションが決済されない限り、EAは取引を再開できません)。

 And we still waiting for their closure.

そして、我々は今もなお、それらポジションが決済される時が来るのを待ち続けていのです。

FXAdept is currently in a situation that occurs extremely rarely. If it happens again in the nearest future, we will improve our strategy.

現在の『FXAdept』は、極めて珍しい状況に遭遇していると言えます。(現在の状況が解消された後、)もしごく近い将来に再び同じ状況に直面するようなことがあれば、我々はEAに実装している戦略の改良を図るつもりです。

 

今回の “小休止” は、開発陣の言うところの「もしごく近い将来に再び同じ状況に直面するようなことがあれば」という条件に該当するのではないかと考え、膠着期間が三週間に届きそうな頃に再び問い合わせを行ってみた。

直接やり取りしたメールを誤って紛失してしまったため大要のみしか伝えられないが、少々興味深い内容の回答を得られたため、以下に共有しておくことにしたい。

 

現在の状況は想定された正常な動作の範疇であり、まだ前回のような “異常事態” にはあたらないと考えている。現時点では、ロジックの改良を行う予定はない(大要)」

 

要するに、「三週間から一ヶ月程度にわたりポジションを保有することは、設計時点から織り込み済みの事態」ということのようだ。

元々「スイングトレード」の要素を強く備えた「デイトレード系EA」だと評価していたため別段の驚きはないが、今回のような “小休止” は、今後も多かれ少なかれ不定期に発生すると考えておいた方が良いだろう。

 

 

今回の総評

先日の “大停滞” を手痛い敗北で終わらせた際にはどうなることかとも思わされたが、事ここに至って振り返ってみれば、『FXAdept』にとっては「ちょっと大きな石に躓いて尻餅をついてしまった」程度の出来事でしかなかったようだ。

流石に大きすぎたのか、前回は石に足を取られて後退を余儀なくされてしまったが、今回の一件を経て、今回ぶつかった程度の “小石” ならば、問題なく蹴り飛ばして前に進めるだけの力量が証明されたと言えるだろう。

 

FXAdeptの成績データ画像

2019年8月9日時点での『FXAdept』の成績

 

一方で、「ポジションを長く保有すればするほど、市場の動向や相場の変動による影響に晒される期間が長くなる」ことであり、少なからずリスクを孕んだ行為であることは、否定できない事実だと言える。

無論、ポジションを保有する長さに応じたリスクはそれぞれに存在するため、一概に「長期にわたるポジション保有はリスクが高い」などと言うことはできないが、エントリーから決済までの所要時間が数分から数時間ほどの取引とは、その性質を大きく異にしていることは間違いない。

 

また、長期間にわたりポジションを保有するということは、短期間の場合に比べてより大きな値動きが生み出す利益を狙えるため、上手くいけば非常に効率良く資産を増大させていくことも可能だ。

当然その反面には、「下手を打てば、たった一回の取引でも大きな損失を被ることになりかねない」というリスクも存在している訳だが、原則的にリスクとリターンはトレードオフの関係にある以上は、ある程度は致し方のないことだと言える。

 

 

とは言うものの、少なくとも現時点までの実績を見る限りでは、『FXAdept』は潜在的なリスクをかなり上手くコントロールし、上手により大きなリターンを引き出すことに成功しているように見受けられる。

その舵取りの巧みさについては、流石は “FXAdept(FXの達人)” と言ったところだろう。

 

大小二回の膠着を通じてEAとしての実力を発揮し、その真価を証明して見せた感の強まる『FXAdept』だが、直近の様子からは、まだまだ余力を残しているようにさえ感じられる。

再び高みを目指して邁進し始めた “達人” の行く末に期待を寄せつつ、今後も経過を観察し続けていくことにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-FXAdept, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.