儲かるFX自動売買の最新情報を公開。海外製EAを中心に徹底検証・レビューしています。

FXEA.JP-海外製自動売買情報局-

Volatility Factor 2.0 Pro 海外製EA情報

『Volatility Factor 2.0 Pro』経過観察 その1|粘り強く着実な成長を維持

投稿日:

前回のレビューから約2ヶ月が経過

『Volatility Factor 2.0 Pro』の検証とレビュー

『Volatility Factor 2.0 Pro』評価           『Volatility Factor 2.0 Pr ...

続きを見る

前回レビュー時に、『収益性と安定性、信頼性という評価の三本柱において、際立った弱点もない一方で、特筆すべき強みにも欠けている』と評価したが、はたして二ヶ月という時間を経たことで、その評価はどのように変わったのだろうか。

優秀なEAとして知られる『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』の “弟分” のような存在だけに、期待して見ていきたいと思う。

 

一進一退を繰り返しながらも、着実な成長を遂げる

資産曲線の形を見ても分かるように、この『Volatility Factor 2.0 Pro』は、お行儀よろしく素直に右肩上がりの成長を見せてくれるようなEAではない。この点については、二ヶ月程度で変化することはなかったようだ。

しかしながら、落とし穴にはまったかのような急落を時折見せてはいるものの、下に向かって落ち続けることはなく、すぐに穴から這い出ると、再び右上に向かって確実に歩を進める「粘り強さ」を見せている。

 

この辺りの特徴は、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』とも共通するところで、さすがは “兄弟分” といったところだろうか。

 

 

前回レビュー時の通算利益は「87.75%」だったが、現在は「108.45%」にまで、その数字を伸ばすことに成功している。一時的な後退を見せても、ある程度の時間を掛けて確実に元の水準以上に戻している様子が、上の資産曲線に見て取れることだろう。

一方で、最大ドローダウンの更新こそなかったものの、平均月利は大きく低下。それに伴い、通算勝率とプロフィットファクター(PF)の項目についても、マイナス成長を記録した。

 

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』の実績

通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
2018年8月 87.75% 30.15% 17.40% 77% 1.55
2018年10月 108.45% 30.15% 12.56% 76% 1.40
前回比 +20.7% ±0.0% -4.84% -1.0% -1.5

 

表に記して一覧すると、やはり平均月利の低下が目立つが、これはフォワードテストの実施期間が、まだあまり長くないことも考慮に入れられるべきだろう。

実施期間は、今月で7ヶ月目となるため、特定の一ヶ月間における成績が、まだまだ全体の数字に大きな影響を及ぼすことになる。

 

裏を返せば、近々の一ヶ月間で大きなプラス成長を遂げた場合には、平均月利の数字も大きく伸びることになるため、『Volatility Factor 2.0 Pro』の平均月利の数字については、まだしばらくは “参考記録” のように捉えておいた方が良さそうだ。

 

月間獲得利益の推移

2018年
1月
2月
3月
4月 +42.07%
5月 +30.75%
6月 -17.12%
7月 +17.97%
8月 +14.9%
9月 -7.68%
10月
11月
12月
累計 +80.89%

 

他方、先にも述べたように、通算利益は前回比で「20.7%」増を達成。実際にはもっと複雑だが、単純計算で、一ヶ月当たり「約10%」のペースで数字を伸ばした形となる。

一進一退の攻防を繰り返す中での成長幅と考えれば、決して悪い数字ではないと分かってはいるが、それだけに「もし順調に成長していたら」と想いを馳せずにもいられないのは、欲深い人間の悲しい性だろう。

 

Volatility Factor 2.0 Proの取引履歴

 

なお、直近の約二ヶ月間に更新された取引履歴を見ても、「リスクを可能な限り低く抑えつつ、10pips前後の利益を着実に積み重ねていく」という基本戦略に変化は見られなかった。

現状、その戦略が一定以上の成功を収めている以上、無意味に変化を求める必要はないと言えるが、今後のアップデートによる洗練と進化には大いに期待したい。

 

今回の総評

今回の経過観察を通して得た結論としては、『長期運用を前提としたEAとして、実力と魅力を増した』といったところだろうか。

およそ二ヶ月の間に、成績が一時的に下向いたとしても、そのまま大崩れさせずに復調させられる “腰の強さ” が実証され、前回レビュー時と比較して、EAとしての評価に大きく加点される形となった。

 

Volatility Factor 2.0 Proの成績データ画像

2018年10月15日現在の『Volatility Factor 2.0 Pro』の成績

 

今年6月、通算利益は一度目のピークを迎えた直後に大幅な急落を見せたが、その後は堅実に成績を復調させ、今年9月中旬には通算利益の最高記録を達成。その二度目のピーク直後にやや調子を落としたものの、今またその頂点を更新しようとしている。

前回のレビューでは、『Volatility Factor 2.0 Pro』について、「メインEAとしてではなく、ポートフォリオに組み込むサブEAとして魅力的」と評価したが、ここに来て「メインEAとしての可能性」に大きく道が開けてきた印象だ。

 

とは言うものの、サブEAとしての魅力が損なわれたのかと言えば、断じて違う。むしろ今回、安定感への評価が高まったことにより、サブEAとしての価値も同時に高まったと言えるだろう。

 

Volatility Factor 2.0 Proの画像

 

 

 

 

 

『Volatility Factor 2.0 Pro』の購入は、こちら

 

短い間に大きく評価と印象を好転させたとは言え、裏を返せば、近い将来に評価や印象が悪化する恐れもあるということであり、まだまだ油断は禁物だ。だが、このまま良い方向に成長が続く可能性を十分に秘めており、またこの二ヶ月間の成績も、大いにそれを感じさせるものだったと言える。

期待を込めて、今後も経過の観察を続けたいと思う。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Volatility Factor 2.0 Pro, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.