Forex inControl Reborn 海外製EA情報

『Forex inControl Reborn』経過観察 その2|前回を上回る堅調な好成長

投稿日:

無敗の「連続黒字記録」、更新なるか

『Forex inControl Reborn』の検証とレビュー

『Forex inControl Reborn』評価 『Forex inControl Reborn』      収益性:(4.5)      安定性:(4.0)      信頼性 ...

続きを見る

『Forex inControl Reborn』経過観察 その1|着実に歩む成長の道

レビュー後、初の経過観察を実施   前回、少々の “曰く付き” だが面白い魅力を秘めたEAとして、『Forex inControl Reborn』を紹介してから、早一ヶ月 ...

続きを見る

 

前回の経過観察では、「スイングトレード系EA」らしい堅実な成長ぶりを見せた『Forex inControl Reborn』。

前回に引き続いての好成長への期待がかかるが、はたして直近の一ヶ月間において、どのような成長を遂げることになったのか。早速、確認していくことにしたい。

 

 

前回を上回る好成長を果たす

実に喜ばしいことに、『Forex inControl Reborn』は今回、前回をさらに上回る成長を果たしていた

平均月利の数字こそ前回比で微減となった一方で、通算利益を始めとして、諸々の評価項目において、その数字を大きく伸ばすことに成功している。

 

 

なお、今回の好成長について一つ特筆するならば、やはり「通算勝率における顕著な数字の改善」を取り上げるべきだろう。

 

前回からの約一ヶ月の間に、『Forex inControl Reborn』が決済した取引の回数は、わずか「六回」。しかしながら、そのすべてにおいて勝利を収めており、直近の勝率に関して言えば、「100%」という素晴らしい成績を記録している。

元々、累計の取引回数が少なかったこともあり、今回大きく通算勝率の数字が伸びることとなったようだ。

 

なお、『Forex inControl Reborn』の経過観察における最大ドローダウン値の扱いに関しては、前回の経過観察を参照してほしい。

『Forex inControl Reborn』経過観察 その1|着実に歩む成長の道

レビュー後、初の経過観察を実施   前回、少々の “曰く付き” だが面白い魅力を秘めたEAとして、『Forex inControl Reborn』を紹介してから、早一ヶ月 ...

続きを見る

 

『Forex inControl Reborn』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 291.65% 18.57% 11.33% 72% 3.87
第1回 317.17% 18.57% 10.87% 74% 4.12
第2回 369.51% 18.57% 10.78% 77% 4.64
前回比 +52.34% ±0.0% -0.09% +3.0% +0.52
累計 +77.86% ±0.0% -0.55% +5.0% +0.77
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第1回
第2回 +270.0 pips +523.42 ドル
前回比
累計 +270.0 pips +523.42 ドル

また今回、プロフィットファクター(PF)の値についても、前回に引き続きの増加を果たすこととなった訳だが、その順調な成長ぶりを純粋に喜ばしく思う反面、「プロフィットファクターの値が大きくなり過ぎる」ことに対する警戒心も、鎌首をもたげ始めてしまう。

 

一般論として、あまりプロフィットファクターの数字が大きくなり過ぎることは、EAの信頼性や中長期的な収益性などの観点から、あまり好ましいことではないとされている。

もちろん、あくまで一般論である上に、何事にも例外というものはあるため、一概にプロフィットファクターの数字だけを見て、EAを評価することはできないし、またすべきでもないだろうが、一抹の不安を抱いてしまうのも無理からぬことと言えるだろう。

 

 

月間獲得利益の推移

2018年 2019年
1月 +5.41%
2月 +9.85% +11.32%
3月 +18.88% +6.52%
4月 +17.49% +9.32%
5月
6月 +10.56%
7月 +18.82%
8月 +9.69%
9月 +19.67%
10月 +8.7%
11月 +12.69%
12月 +2.99%
累計 +129.34% +32.57%

なお、今回の経過観察より、「前回の経過観察から今回までの期間を対象とした損益」を新たに評価項目に追加することとした。

詳しい経緯については、以下の記事を参考にしてほしい。

Forex Gump EAの画像
『Forex Gump EA』経過観察 その3 |「ハイリスク・ハイリターン系EA」の面目躍如

停滞の兆しを見せた前回   先日、注目の「ハイリスク・ハイリターン系EA」として鳴り物入りで登場した『Forex Gump EA』だが、これまでのところ口座を破綻させるこ ...

続きを見る

 

取引履歴を見る限りでは、少ない取引の機会を確実に物にして、今回も着実に利益を積み上げることに成功したようだ。

 

 

今回の総評

冒頭でも述べたように、前回の経過観察では「スイングトレード系EA」らしい成長ぶりを見せた『Forex inControl Reborn』だったが、今回は、さらに輪を掛けて “スイングトレード系EAの良い部分” が発揮される格好となったと言える。

さらには、月間獲得利益における連続黒字記録についても、また一つ記録を伸ばすことに成功しており、少なくとも現時点までの成績の推移について言えば、「順調」の一言に尽きるだろう。

 

Forex inControl Rebornの成績データ画像

2019年5月10日時点の『Forex inControl Reborn』の成績

 

一方で、ともすれば “順調すぎる” とも言えるプロフィットファクターの推移に対する考え方については、前述した通りだ。

 

ただし、運用期間が半年にも満たないならば、「カーブフィッティング(過度の最適化)」が施されている可能性にも十分に注意を払うべきかもしれないが、既に公式フォワードテストの実施期間は「十四ヶ月」を過ぎている

その事実だけをもって、「完全に白」だと断定することはできないが、「一年以上もの間、堅調な成長を続けている」という事実は事実として、素直に評価しても良いはずだ。

 

いずれにせよ、現時点におけるプロフィットファクターの数字は、そもそもまだ「大きくなり過ぎている」とは言えないように思われるため、現時点では、“万が一の可能性” を頭の片隅に留めておく程度で良いだろう

 

 

新作EAとして文字通り “再誕(reborn)” して以来、素行の悪かった前作EAが落とした評判を地道に挽回し続けている『Forex inControl Reborn』。

一度ついてしまった “けち” を完全に払拭するには、まだ時間が掛かるだろうが、着実にその日は近づきつつありそうだ。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex inControl Reborn, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.