Forex Flex EA 海外製EA情報

『Forex Flex EA』経過観察 その15 |はっきりと分かれた明暗

胸のすくような好成長を遂げた前回

『Forex Flex EA』の検証とレビュー

『Forex Flex EA』評価 『Forex Flex EA』      収益性:(4.5)      安定性:(5.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.5)☆ ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その1 | 堅調な成長を維持

前回のレビューから、約一ヶ月半   発売から現在に至るまで、開発者による継続的かつ精力的なアップデートと、購入者による活発なコミュニティ運営の続く『Forex Flex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その2 |停滞期を超えて成長を再開

前回の経過観察から二ヶ月が経過   前回の経過観察では、劇的な落ち込みこそ見せなかったものの、停滞の印象を拭い去ることはできなかったが、あれから約二ヶ月。『Forex F ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その3 |抜群の安定感を堅持

新たに加わった観察対象の動向に注目   前回の経過観察では、停滞期を抜けて成長を再開する様子を確認することのできた『Forex Flex EA』だったが、はたして再び歩み ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その4 |可もなく不可もない成長

初レビューから半年が経過   前回の経過観察では、観察対象としている二つのカスタム設定のどちらもが、好ましい成長を見せていたが、はたして今回も、その順調ぶりを維持すること ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その5 |安定感のある成長を再開

小石につまづいた前回から、約一ヶ月   前回、およそ一年半以上に渡る稼働歴において、僅か二回目となる月間獲得利益でのマイナス成長を喫した『Forex Flex EA』。 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その6 |揺らがぬ安定感と続く好成長

堅調な成長を再開した前回   前々回の経過観察において、初めて若干の後退を見せた『Forex Flex EA』だったが、それも結果的には次なる成長への “助走” のような ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その7 |長期的なポジション管理能力の高さを実証

素晴らしい安定感を堅持した前回   前回の経過観察において、揺るぎない安定感を見せつけるとともに、着実に成績を伸ばすことに成功した『Forex Flex EA』。 既にあ ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その8 |盤石ぶりの光る好成長

前回に続く好成長に期待   前回、ほぼ「四ヶ月間」および「三ヶ月間」にも及ぶ長期保有ポジションを含む複数の取引を見事に黒字で終え、長期的なポジション管理能力の高さを実証し ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その9 |歴代屈指の目覚ましい飛躍

全方位に隙のない好成長を遂げた前回   前回の経過観察において、メインとサブ両方の観察対象において、「盤石」という言葉が実にしっくり来るような好調ぶりの光る成長を見せた『 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その10 |急成長後も変わらぬ安定感を発揮

歴代屈指の好成長を遂げた前回   メイン観察対象として観察を続けてきた「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」が、歴代最高とも言える好成 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その11 |長引く停滞と期待の新星

堅実で穏当な成長を果たした前回   前回、メインおよびサブ観察対象ともに良く言えば「控えめな」、悪く言えば「あまりぱっとしない」成長ぶりを見せる格好となった『Forex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その12 |失意の破綻と育つ次世代

危機的な状況に直面していた前回   前回、これまで抜群の安定感を誇り続けてきた「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」の含み損が危険な水 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その13 |異彩を放つ次代の新勢力

悲しみと喜びが同居した前回   長年にわたり安定的な成長を続けてきたカスタム戦略「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」が、想定外の破綻 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その14 |ピンチをチャンスに変えて急成長

目覚ましい成長ぶりを見せた前回   前回、メインおよびサブ観察対象ともに、全体的に非の打ち所の見当たらない好成長を遂げてみせた『Forex Flex EA』。 更なる成長 ...

続きを見る

 

前回、不安定さを増す市場の流れを上手く捉え、多くのEAが成績を悪化させる中で目を瞠るような躍進を遂げてみせた『Forex Flex EA』。

先月は、多くのEAにとって悪夢のような期間となったが、はたして今回も無事に乗り切ることはできたのだろうか。

 

 

悲喜交々の結末を迎えた「Forex Flex EA」

まずは、いつも通りメイン観察対象の方から経過を確認していくことにするが、「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」は今回、非常に手堅い運用ぶりを見せ、危難の時期を見事に乗り切ってみせた。

中々に綺麗な右肩上がりの稜線を維持し続けている資産曲線の形にも、直近の期間を平穏無事に過ごしていた様子が見て取れる。

 

 

なお、「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」は元々、取引頻度のあまり高くない戦略だと言えるが、実際今回に関しても、結局最後まで一度も取引を行うことなく先月を終えている

これまでも市場の状況によっては数週間から一ヶ月間ほども取引を実行せず、不利な状況が過ぎ去るまでじっと静観し続けることもあったが、今回についても、じっと身を潜めることで危機を回避してみせたようだ。

 

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第12回 133.23% 19.56% 5.37% 56% 2.36
第13回 152.95% 19.56% 5.35% 57% 2.36
第14回 199.97% 19.56% 6.10% 57% 2.47
第15回 222.74% 19.56% 6.01% 57% 2.46
前回比 +22.77% ±0.00% -0.09% ±0.0% -0.01
累計 +89.51% ±0.00% +0.64% +1.0% +0.10
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第12回 +4.9 pips +406.12 セント
第13回 +73.3 pips +591.51 セント
第14回 +35.8 pips +1,410.48 セント
第15回 +59.3 pips +683.26 セント
前回比 +23.5 pips -727.22 セント
累計 +173.3 pips +3,091.37 セント

そうして “我慢” の先月を乗り切り、今月に入って一週間が過ぎようとした頃になると、ようやく取引を再開

再開後の成績は「良好」の一言であり、取引が再開されてからまだ十日にも満たないにもかかわらず、既に「損益」において「第12回」および「第13回」の成績を上回っているほどだ。

 

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月 +2.66 +58.3 +186.01
2月 +25.28 +50.8 +1,815.89
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 +27.94 % +109.1 pips +2,001.90 USC

※USC = アメリカセント

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月 +3.81 +197.7 +127.06
2月 +12.04 +213.4 +417.00
3月 +5.60 -57.2 +217.47
4月 +5.49 +198.9 +224.95
5月 +1.38 +47.1 +59.82
6月 -0.01 -0.7 -0.58
7月
8月 +3.27 -69.2 +143.27
9月 +10.29 -37.0 +465.77
10月 +27.16 +180.2 +1,356.00
11月 +3.84 +156.7 +243.87
12月 +6.16 +4.9 +406.12
累計 +79.03 % +834.8 pips +3,660.75 USC
2018年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月 +6.12 +147.0 +183.48
12月 +4.81 -170.5 +153.09
累計 +10.93 % -23.5 pips +336.57 USC

一ヶ月以上にわたり一度も取引をしなかった以上、もっと数字が悪化していてもおかしくはない「平均月利」の成績が、かなりの “軽傷” で済んでいるところにも、再開後の好調ぶりが窺い知れるというものだろう。

なお、「月度別成績」についてだが、先月は一度も取引をしていないため各項目は空欄とせざるを得ないのだが、少なくとも現時点までの話で言えば、今月分の各項目に刻まれる数字には期待できそうだ。

 

 

一方、サブ観察対象の「EMA Far Apart Retrace H4」については、非常に残念な結末を迎えることとなってしまった。

資産曲線だけを一見すれば、取り立てて大きな問題は起きていないようにも見えるかもしれないが、「最大ドローダウン」の数字が「97.58%」に達してしまっている状況を見れば、何が起こったかを察してもらえることだろう。

 

『EMA Far Apart Retrace H4』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第11回 964.26% 52.88% 27.03% 64% 2.75
第12回 1,178.23% 52.88% 26.29% 63% 2.68
第13回 1,544.70% 54.30% 24.96% 64% 2.80
第14回 1,948.31% 54.30% 25.11% 63% 2.54
第15回 1,948.31% 97.58% 24.46% 63% 2.54
前回比 ±0.00% -43.28% -0.65% ±0.0% ±0.00
累計 +984.05% -44.70% -2.57% -1.0% -0.21
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第11回 +637.3 pips +17,270.27 ドル
第12回 +413.2 pips +17,534.56 ドル
第13回 +586.0 pips +17,283.14 ドル
第14回 -46.1 pips +27,544.72 ドル
第15回
前回比 -632.1 pips +10,261.42 ドル
累計 +1,593.1 pips +79,632.69 ドル

公式フォワードテストのデータ更新も「3月14日」を最後に完全に停止しており、同データ上に公開されている「Open Trades(保有ポジション)」の項目を見ると、思わず目を覆いたくなるほど一面が "真っ赤” だ。

 

「EMA Far Apart Retrace H4」が保有中のポジション一覧

 

更には、取引履歴にFX会社からの取引データがリアルタイムかつ正確に反映されているかどうかを示す「Track Record」の項目のステータスも、気付けば「Not Verified(未承認)」に変更されている。

これらの状況証拠から言っても、極めて残念ながら「逆行する相場の流れに抗し切れず、口座を破綻させてしまった」と見てまず間違いないだろう。

 

『EMA Far Apart Retrace H4』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +15.50 +487.6 +14,714.00
2月 +24.15 +160.8 +26,490.76
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 +39.65 % +648.4 pips +41,204.76 USD

※USD = アメリカドル

『EMA Far Apart Retrace H4』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +2.03 +44.7 +59.33
2月 +54.18 +832.7 +1,618.00
3月 +100.84 +919.9 +4,646.00
4月 +13.78 +294.3 +1,275.00
5月 +13.59 +396.8 +1,431.00
6月 +25.75 +360.1 +3,079.00
7月 +9.95 +516.6 +2,457.00
8月 +18.28 +297.6 +7,257.00
9月 +12.57 +514.6 +5.856.00
10月 +21.77 +917.1 +13,282.00
11月 +13.00 +171.0 +8,542.00
12月 +27.88 +479.2 +20,702.00
累計 +313.62 % +5,744.6 pips +70,204.33 USD
2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月 -19.57 +0.6 -195.67
6月
7月
8月
9月
10月
11月 +5.26 +78.2 +113.44
12月 -99.90 -320.7 -2,266.00
累計 -119.47 % -241.9 pips -2,348.23 USD

安定感や堅実さを売りにしていてさえも破綻、ないしはそれに近い損失を被るEAが続出した直近の期間においては、「ハイリスク・ハイリターン」を地で行く「EMA Far Apart Retrace H4」ではひとたまりもなかった、ということなのかもしれない。

「リスクを背負うことで相応のリターンを得る」という基本戦略を採用している以上、背負い切れなくなったリスクに潰されてしまうのは、どうしてもある程度は止むを得ないこととは言え、ここ最近の立て続けの "訃報” には、気が滅入ってしまうばかりだ。

 

旧メイン観察対象:「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」

▷『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の成績データ(※クリックで展開)

 

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時 149.69% 29.54% 7.43% 67% 2.99
第1回 149.19% 29.54% 6.63% 65% 2.86
第2回 166.56% 29.54% 6.25% 67% 3.06
第3回 176.22% 30.02% 5.96% 66% 2.95
第4回 169.99% 30.02% 5.47% 65% 2.39
第5回 182.18% 24.86% 5.15% 64% 2.44
第6回 198.03% 24.86% 5.16% 63% 2.47
第7回 214.38% 24.86% 5.20% 63% 2.52
第8回 231.08% 24.86% 5.04% 63% 2.61
第9回
288.98%
24.86%
5.22%
65%
2.94
第10回 299.90% 24.86% 5.27% 65% 3.02
第11回 299.90% 28.32% 5.27% 65% 3.02
第12回 -99.90% 99.97% -21.14% 63% 0.83
前回比 -399.80% -71.65% -26.41% -2.0% -2.19
累計 -249.59% -70.43% -28.57% -4.0% -2.16
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第6回
第7回 +627.0 pips +817.58 ドル
第8回 +220.4 pips +834.96 ドル
第9回
+656.7 pips
+2,895.06 ドル
第10回 +297.1 pips +545,86 ドル
第11回
第12回 -1,105.8 pips -19,771.31 ドル
前回比
累計 +695.4 pips -14,677.85 ドル

 

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 -3.62 -332.6 -507.41
2月 +4.51 +200.5 +609.47
3月 +2.84 +71.8 +401.3
4月 +2.70 +8.0 +391.58
5月 +1.47 +79.3 +219.65
6月 +3.95 +547.7 +597.93
7月 +5.31 +220.4 +834.96
8月 +9.64 +458.8 +1,596.0
9月 +7.16 +197.9 +1,299.0
10月 +2.81 +297.1 +545.86
11月
12月 -99.76 -1,105.8 -19,771.31
累計 -62.99 % +643.1 pips -13,782.97 USD

※USD = アメリカドル

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +9.61 +673.4 +736.4
2月 +14.91 +878.3 +1,253.0
3月 +5.84 +437.9 +563.94
4月 +6.22 +121.2 +636.0
5月 +1.83 -490.6 +198.96
6月 +5.09 +172.4 +562.7
7月 +7.48 -37.9 +868.63
8月 -1.94 -215.5 -242.39
9月 +1.78 +85.5 +217.49
10月 +3.88 +322.1 +483.33
11月 +2.98 +315.8 +385.11
12月 +5.09 -323.4 +678.73
累計 +62.77 % +1,939.2 pips +6,341.9 USD
2017年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月 +1.69 +80.4 +84.39
8月 +14.89 +32.5 +757.22
9月 +13.59 +558.8 +794.01
10月 +5.65 +264.8 +374.81
11月 +2.44 +93.6 +171.38
12月 +6.73 +168.5 +483.07
累計 +44.99 % +1,198.6 pips +2,664.88 USD

 

旧サブ観察対象:「Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3」

▷『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の成績データ(※クリックで展開)

 

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第1回
第2回
第3回
第4回 57.75% 14.18% 6.50% 63% 2.39
第5回 73.26% 5.61% 6.54% 64% 2.49
第6回 91.94% 5.61% 6.92% 65% 2.51
第7回 127.82% 5.61% 7.43% 66% 2.56
第8回 161.76% 5.61% 7.54% 66% 2.54
第9回
188.94%
5.61%
7.46%
66%
2.48
第10回 194.28% 5.61% 7.07% 66% 2.48
前回比 +5.34% ±0.00% -0.39% ±0.0% ±0.00
累計 +136.53% +8.57% +0.57% +3.0% +0.09
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第6回
第7回 +1,513.8 pips +581.10 ドル
第8回 +807.4 pips +570.37 ドル
第9回
+362.4 pips
+437.88 ドル
第10回 +182.2 pips +84.53 ドル
前回比 -180.2 pips -353.35 ドル
累計 +2,683.6 pips +1,589.35 ドル

 

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +6.45 +559.0 +154.71
2月 +7.31 +584.3 +186.64
3月 +6.60 +317.1 +180.81
4月 +8.77 +41.8 +256.32
5月 +10.52 +1,055.0 +334.34
6月 +11.32 +561.4 +397.57
7月 +8.41 +698.1 +328.66
8月 +7.37 +276.5 +312.42
9月 +3.86 +275.8 +172.45
10月 +0.81 -7.7 +37.54
11月
12月
累計 +71.42 % +4,361.3 pips +2,361.46 USD

※USD = アメリカドル

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月 +14.34 +796.0 +232.20
8月 +6.32 -279.7 +117.05
9月 +2.80 +363.6 +55.13
10月 +10.19 +630.5 +206.23
11月 +5.56 +278.8 +123.94
12月 +1.95 -185.6 +45.83
累計 +41.16 % +1,603.6 pips +780.38 USD

 

今回の総評

今回の経過観察においては、メイン観察対象の「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」とサブ観察対象の「EMA Far Apart Retrace H4」との間で、はっきりと明暗が分かれる結果になったと言える。

せめて、「破綻に至るリスク」をどこかで前提としていた「EMA Far Apart Retrace H4」の方が今回のような結末を迎えたことは、不幸中の幸いだと言って良いのかもしれない。

 

Forex Flex EAの成績データ

2020年4月14日時点での『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の成績

 

一方、明るい未来を掴み取ることに成功した「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」については、かなり危険な時期を手堅く乗り越えてみせた今回の “実績” をもって、その実力を改めて証明してみせたと言えるだろう。

 

ただし、「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」が完全にリスクのない戦略だという訳ではない

含み損の解消を狙ったり、あるいは単純に利益の積み重ねを狙ったりする目的で、ロットサイズを増やしながら最大で同時に五つまでポジションを保有し得る仕様のため、万が一の際には、手痛い損失を食らってしまう可能性は十分にあると言える。

 

とは言うものの、これまでの取引履歴を見る限りでは、「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」のエントリー精度はかなり高い

仕掛けるタイミングを慎重に厳選することで、潜在的なリスクを上手く低減させることに成功しているようだ。

 

多くのEAが成績を悪化させてしまっている危機的な状況の中で、周りのことなど素知らぬ顔で飄々と成長を続ける「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」の姿は、少なからぬトレーダーの目には “希望の光” のように映ることだろう。

煌々と輝く “光” が絶えぬことを祈りつつ、また新たな “光” が登場してくることに期待しつつ、引き続き経過の観察を続けることにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ

-Forex Flex EA, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.