Forex Diamond 海外製EA情報

『Forex Diamond』経過観察 その12 |流れを打破できず現状維持

停滞の波に呑まれた前回

『Forex Diamond』の検証とレビュー

『Forex Diamond』評価 『Forex Diamond』      収益性:(4.0)      安定性:(4.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.0)☆ ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その1 |設計思想通りの堅実な成長

まだ未知数の「原石」だった前回   前回のレビューにおいては、運用期間は僅か三ヶ月間とまだ短かったものの、中々に好調な滑り出しを見せていた『Forex Diamond』。 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その2 |欠点の見当たらない好成長ぶり

堅実な成長ぶりを見せた前回   前回の経過観察においては、粘り強い成長ぶりを見せ、設計思想通りの堅実さを証明してみせた『Forex Diamond』。 しかし一方では、成 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その3 |堅調な成長からの急降下

理想的な成長を果たした前回   前回、あらゆる面において非の打ち所の見当たらない成長ぶりを見せ、大きく成績を伸ばすことに成功した『Forex Diamond』。 そのまま ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その4 |沈没の危機を脱して急浮上

荒波に飲み込まれてしまった前回   前回、多くの投資家に多大な損害をもたらした「英ポンド(GBP)」相場の乱高下の煽りをもろに受け、大きく成績を悪化させてしまった『For ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その5 |ほぼ二ヶ月間で完全復活

驚異的な「V字回復」を演じた前回   前回の経過観察において、「V字回復」と表現するに相応しい勢いで急落した成績の回復を果たして『Forex Diamond』。 勢いその ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その6 |逆境を追い風に急成長

良い成長の流れを堅持した前回   前回の経過観察において、前々回に果たした「V字回復」の勢いに乗って堅調な成長ぶりを示してみせた『Forex Diamond』。 前回の時 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その7 |強烈な揺り戻しと更なる反発

胸のすくような好成長を遂げた前回   前回、急激に不安定さを増し行く市場の流れを上手く捉え、成績を急落させるどころか急騰させてみせた『Forex Diamond』。 直近 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その8 |混乱を鎮めて成長を再開

大転倒からの立て直しに尽力した前回   前回、「コロナ禍」を震源地とした大きな市場の揺れに足を取られ、盛大に “谷底” へと滑落する憂き目に遭った『Forex Diamo ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その9 |すべてを帳消しにする好成長

復活の狼煙を上げた前回   前回、「コロナ禍」に伴う市場の混乱から脱し、「コロナ期」に大きく後退させてしまっていた成績を順調に取り戻しつつあった『Forex Diamon ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その10 |揺り戻しを抑えて着実に前進

目を瞠るような急成長を遂げた前回   前回、「コロナ禍」に端を発する停滞の流れに終止符を打ち、劇的とも言える目覚ましい急成長を果たしてみせた『Forex Diamond』 ...

続きを見る

『Forex Diamond』経過観察 その11 |巧みなダメージコントロール

控えめながらも着実に前に進んだ前回   前回、成長のペースを明らかに鈍化させつつも、最終的には更に利益を積み上げて終えることに成功した『Forex Diamond』。 前 ...

続きを見る

 

前回の経過観察においては、勢いこそ緩やかながらも、着実に停滞の流れに押し流される様子を見せていた『Forex Diamond』。

いち早く悪い流れを断ち切り、再び良い流れに乗ってくれることが大いに期待されるが、はたして。

 

 

停滞の「沼」で現状維持

寄せられた期待とは裏腹に、『Forex Diamond』は今回も停滞の流れから脱却することは叶わず、取引履歴を軽く眺めただけでも、直近の期間には苦しい展開が続いていた様子が見て取れる。

直近三ヶ月間ほどの期間をかけて、緩やかに「M字」状に推移する資産曲線の在り方にも、「大きく負けはせずとも、決定的に勝ち切れもしない」という芳しくない現状が窺い知れるというものだろう。

 

 

ただし、前回比で「1.13」ポイント増と微々たるものではあるものの、「通算成績」の数字は前回からの改善を実現。

「損益」に関しても、今回は「82.8pips」または「4.72豪ドル」の黒字を計上し、前回から二回連続しての赤字計上を辛くも回避することに成功しており、押し寄せる負の流れにもしっかりと反発してみせているようだ。

 

『Forex Diamond』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 34.45% 5.33% 8.52% 73% 1.66
第1回 39.84% 8.81% 6.13% 71% 1.35
第2回 63.30% 8.81% 7.13% 72% 1,41
第3回 47.55% 17.33% 4.74% 72% 1.23
第4回 63.02% 18.68% 5.22% 72% 1.29
第5回 73.19% 18.68% 5.31% 72% 1.32
第6回 98.85% 18.68% 6.16% 73% 1.31
第7回 68.34% 26.97% 4.12% 73% 1.13
第8回 78.33% 26.97% 4.24% 73% 1.14
第9回 115.00% 26.97% 5.20% 73% 1.20
第10回 118.27% 26.97% 4.87% 73% 1.20
第11回 113.00% 26.97% 4.32% 72% 1.17
第12回 114.13% 26.97% 4.08% 72% 1.17
前回比 +1.13% ±0.00% -0.24% ±0.0% ±0.00
累計 +79.68% -21.64% -4.44% -1.0% -0.49
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第1回 +347.5 pips +22.64 豪ドル
第2回 +784.9 pips +98.49 豪ドル
第3回 -402.6 pips -66.12 豪ドル
第4回 +550.7 pips +72.89 豪ドル
第5回 +335.6 pips +42.69 豪ドル
第6回 +914.3 pips +121.78 豪ドル
第7回 -406.7 pips -95.10 豪ドル
第8回 +340.6 pips +41.94 豪ドル
第9回 +1,183.0 pips +153.98 豪ドル
第10回 +183.0 pips +13.73 豪ドル
第11回 -55.1 pips -19.25 豪ドル
第12回 +82.8 pips +4.72 豪ドル
前回比 +137.9 pips +23.97 ドル
累計 +3,858.0 pips +392.39 豪ドル

また今回、「通算勝率」と「プロフィットファクター(PF)」には、一切の悪化も改善も見られなかった

一方で、「平均月利」の数字については前回に続いて再び減少することとなったのだが、これについては現状が停滞している以上、ある程度は仕方のないことだと割り切るしかないだろう。

 

なお、直近の期間における「最大ドローダウン」の数字を確認すると、「2.74%」という非常に低い水準を維持していることが分かるが、「成長のチャンスもないが、衰退のリスクもない」というかなり “凪いだ” 状態が続いていたようだ。

 

『Forex Diamond』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(AUD)
1月 +10.99 +526.9 +69.79
2月 -3.04 -102.5 -21.43
3月 +6.46 +523.6 +44.13
4月 -3.12 -24.9 -22.73
5月 +6.72 +366.9 +47.38
6月 +16.56 +973.8 +124.58
7月 +3.76 +292.0 +32.99
8月 -3.07 -143.6 -27.97
9月 +0.85 +117.9 +7.53
10月
11月
12月
累計 +36.11 % +2,530.2 pips +254.27 AUD

※AUD = オーストラリアドル

『Forex Diamond』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(AUD)
1月
2月
3月
4月 +9.97 +351.6 +41.87
5月 +4.71 +244.5 +21.73
6月 +10.1 +425.2 +48.84
7月 +2.51 +163.6 +13.34
8月 +3.16 +233.7 +17.26
9月 +4.41 +255.4 +24.85
10月 +12.28 +574.9 +72.17
11月 +5.28 +279.8 +34.84
12月 -8.59 -364.1 -59.71
累計 +43.83 % +2,164.6 pips +216.19 AUD

ちなみに、「月度別成績」を見ても、先月は「117.9pips」または「7.53豪ドル」の黒字で幕を下ろしており、やはりこちらも「損益」と同様、二ヶ月連続での赤字回避に成功していた模様。

そして、本稿の作成時点においては、今月の成績についても、先月をやや上回る程度ながら黒字の流れを維持しており、辛うじてではあるものの「成長の流れにある」と言うことはできそうだ。

 

 

今回の総評

残念ながら今回、『Forex Diamond』が数ヶ月前までのような目覚ましい成長の流れに再び転じることはなかったが、一方では前回よりも調子が更に悪化することもなく、まさに「現状維持」という言葉がしっくり来るような期間となった。

EAの性質から言って、どう足掻いても「流れの悪い時期」の訪れから逃れることはできない以上、現状を維持できているだけ御の字、とも言えるだろう。

 

Forex Diamondの成績データ

2020年10月29日時点での『Forex Diamond』の成績

 

なお今回、上述の通り「平均月利」については、前々回からの減少傾向が継続されることとなった訳だが、直近の期間を通じてほとんど成長も衰退もしていない事実を思えば、それも「当然の帰結」だと言える。

むしろ着目するならば、今回のような逆境に身を置きながらも、「プロフィットファクター」の成績に一切の変動を見せていない点についてのはずだ。

 

まず、大前提の再確認となるが、「プロフィットファクター」とは、「一定期間中の総利益と総損失の割合」から算出される「リスクとリターンのバランスの良さ」を示す指標のことだと言える。

その観点から今回の取引履歴を見れば、「ダメージを最小限に止め、勝つべきところでしっかりと勝つ」という基本にして最も大事な行為を、相場と噛み合わず負けが込んでしまうような時期においても着実に実行し続けてみせた、とも言えるだろう。

 

 

流れの悪い時期には、「リスクとリターンのバランス」を大なり小なり悪化させてしまう場合が多いことを考えると、ここしばらくの『Forex Diamond』については、「苦しい状況をよく凌いでいる」と評価して良いだろう。

一日も早く状況を打破し、勢いよく成長を再開してくれることに期待しつつ、今後の経過を観察していくことにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ

-Forex Diamond, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.