Forex inControl Reborn 海外製EA情報

『Forex inControl Reborn』経過観察 その5|揺るぎない安定感を堅持

投稿日:

高い安定感のある成長を遂げた前回

『Forex inControl Reborn』の検証とレビュー

『Forex inControl Reborn』評価 『Forex inControl Reborn』      収益性:(4.5)      安定性:(4.0)      信頼性 ...

続きを見る

『Forex inControl Reborn』経過観察 その1|着実に歩む成長の道

レビュー後、初の経過観察を実施   前回、少々の “曰く付き” だが面白い魅力を秘めたEAとして、『Forex inControl Reborn』を紹介してから、早一ヶ月 ...

続きを見る

『Forex inControl Reborn』経過観察 その2|前回を上回る堅調な好成長

無敗の「連続黒字記録」、更新なるか   前回の経過観察では、「スイングトレード系EA」らしい堅実な成長ぶりを見せた『Forex inControl Reborn』。 前回 ...

続きを見る

『Forex inControl Reborn』経過観察 その3|途切れない好成長の流れ

安定感のある好成長を果たした前回   前回、安定感と収益性を高い次元で両立させた成長を果たし、好調ぶりを遺憾なく見せつける格好となった『Forex inControl R ...

続きを見る

『Forex inControl Reborn』経過観察 その4|絵に描いたような安定感を発揮

順風満帆の一言に尽きる前回   前回の経過観察では、以前から続く好調の流れに上手く乗り続け、かなり安定感の感じられる成長ぶりを見せていた『Forex inControl ...

続きを見る

 

前回の経過観察においては、そのペースに若干の鈍化こそ見られたものの、相変わらず安定した調子で成長を続ける様子の確認された『Forex inControl Reborn』。

前回の時点では、長らく続く安定した流れに “綻び” のようなものは見当たらなかったが、はたして今回も好ましい流れを維持することができたのだろうか。

 

 

数字だけからは読み取れない好成長ぶり

『Forex inControl Reborn』は今回、若干の不安と懸念を他所にして非常に安定感のある成長を見せ、結果的に落とし掛けていた勢いを取り戻すような格好となった。

ただし、一時的な勢いの急落を見せた先々月の成績が足を引っ張る形となり、前回から今回にかけての通算利益および損益の伸び幅は、僅かながら前回よりも低い数字を記録する結果となっている。

 

 

また、それに伴い、平均月利の数字も悪化。とは言え、運用期間の経過と共に平均月利の数字が低下していくことは一般的な現象であるほか、その減少幅も比較的に “軽傷” で済んでいることもあり、少なくとも現時点ではあまり深刻に捉える必要はないだろう。

 

一方、プロフィットファクター(PF)の数字には大きな伸びが見られることから、前回から今回までの期間においては、損失を最小限に抑え、利益ばかりを上手く積み重ねることに成功したことが分かる。

前回、ずっと増加傾向にあったプロフィットファクターの数字が初めて下落に転じることとなった訳だが、今回の『Forex inControl Reborn』が遂げた成長は、その減少分を補って余りあるものとなった。

 

『Forex inControl Reborn』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュ―時 291.65% 18.57% 11.33% 72% 3.87
第1回 317.17% 18.57% 10.87% 74% 4.12
第2回 369.51% 18.57% 10.78% 77% 4.64
第3回 423.45% 18,57% 10.43% 77% 4.99
第4回 469.17% 18.57% 9.81% 78% 4.81
第5回 508.30% 18.57% 9.49% 78% 5.13
前回比 +39.13% ±0.0% -0.32% ±0.0% +0.32
累計 +216.65% ±0.0% -1.84% +6.0% +1.26
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時 
第1回
第2回 +270.0 pips +523.42 ドル
第3回 +268.1 pips +539.40 ドル
第4回 +202.8 pips +457.25 ドル
第5回 +194.3 pips +391.30 ドル
前回比 -8.5pips -65.95 ドル
累計 +935.2 pips +1,911.37 ドル

なお、損益における今回の成績が、前回比で下回ったことについては前述の通りだが、その差の開き具合に関して言えば、「pips」および「金額」のどちらについても「多少」という表現の範疇に収まる程度のものだと言えるだろう。

 

むしろ、先々月の成績の急落ぶりが月度別成績の数字に顕著に現れているために、相対的に先月の好成長ぶりが際立つ格好となっている。

実際、先月に関しては「pips」においても「金額」においても、一年半以上の運用期間において屈指の好成績を収めているところ見るに、既にすっかりかつての調子を取り戻しているようだ。

 

『Forex inControl Reborn』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +5,41 +120.6 +180.68
2月 +11.32 +245.8 +398.39
3月 +6.52 +135.0 +255.18
4月 +9.32 +200.0 +388.88
5月 +5.79 +135.0 +263.90
6月 +8.50 +203.1 +410.04
7月 +6.08 +132.8 +318.43
8月 +2.50 +70.0 +138.82
9月 +6.87 +194.3 +391.30
10月
11月
12月
累計 +62.31 % +1,436.6 pips +2,745.62 USD

※USD = アメリカドル

『Forex inControl Reborn』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月 +9.85 +58.0 +98.5
3月 +18.88 +140.0 +207.41
4月 +17.49 +137.9 +228.34
5月
6月 +10.56 +92.5 +161.99
7月 +18,82 +85.4 +319.27
8月 +9.69 +130.0 +195.28
9月 +19.67 +285.3 +434.86
10月 +8.7 +127.1 +230.05
11月 +12.69 +85.9 +364.94
12月 +2.99 +65.0 +96.78
累計 +129.34 % +1,207.1 pips +2,337.42 USD

ちなみに、前回の経過観察から本日までのおよそ一ヶ月強の間に実行された取引の回数は、僅か「三回」

幸いにして今回はすべての取引において勝利を収めており、各取引でもある程度以上のまとまった利益をしっかりと勝ち得ることに成功しているが、その取引頻度の低さについては、大なり小なり評価や好みが分かれることなるだろう。

 

 

今回の総評

表面的な数字上での成長を見れば、今回の『Forex inControl Reborn』の成長ぶりには、前回以上の物足りなさを感じてしまうかもしれないが、その成長の内容にまで目を向ければ、実際には「次回以降に期待の持てる好成長」だったことが分かるはずだ。

いたずらに最大ドローダウン値や通算勝率を悪化させることなく、懸念されていた収益性の低下を「一時的な不調」として短期的に終わらせ、かつての成長ペースを取り戻すに至った点を見ても、それは明らかだと言えるだろう。

 

Forex inControl Rebornの成績データ画像

2019年10月1日時点の『Forex inControl Reborn』の成績

 

一方で、前述した通り『Forex inControl Reborn』は、直近の一ヶ月ほどの間に「三回」しか取引を行っていない訳だが、さらに言うならば、約二十ヶ月に及ぶ運用期間を経た現在の通算取引回数でさえ、僅か「83回」にしか達していない

また、元々が「スイングトレード系EA」であるため、現時点での平均ポジション保有時間も「6日間」と比較的に長く、時には三週間以上にわたりポジションが保有され続けることもある。

 

ただし「取引頻度が低い」、「ポジションの平均保有時間が長い」という特性自体について言えば「良い」も「悪い」もなく、「数ある特性のうちの一つ」でしかないが、EA運用者の目線に立って言えば、間違いなく「好き嫌い」は出てくるはずだ。

少なくとも、「長期保有による大幅な値動きのリスクを嫌う人」や、スキャルピングのような「手数の多さを武器に短期決戦を仕掛けるような戦略を好む人」の目に、『Forex inControl Reborn』が魅力的な選択肢として映ることはないものと思われる。

 

反面では、「一回の取引である程度まとまった利益を狙いたい人」や「長期的な資産運用を計画している人」から、現実的かつ実践的な選択肢として評価され得るだけの実力は、既に示されていると言えるだろう。

 

 

現在の『Forex inControl Reborn』が実現している高い安定感は、「取引頻度」という尊い “代償” の上に成り立った堅牢な城のようなものだと言えるが、幸いなことに今のところは、まだまだ “落城” しそうな気配は見られないでいる。

とは言え、調子の良い時ほど油断は禁物だと言えるため、重大な予兆を見逃さないよう、引き続き注意深く経過を観察していくことにしたい。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-Forex inControl Reborn, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.