WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution サポート

【随時更新】よくある質問(FAQ)|『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』編

投稿日:2020年3月12日 更新日:

着々と愛用者を増やし続ける『老舗EA』

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』の検証とレビュー

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』評価 『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』      収益性:( ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その1|揺らがぬ安定感

前回のレビューから、一ヶ月が経過   爆発力にこそ欠けるものの、非常に堅実で安定感のある成績を記録していた『WallStreet Forex Robot 2.0 Evol ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その2|変わらぬ安定感を発揮

早くも二度目の経過観察   第一回目の経過観察では、堅実な成長を維持していた『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』だったが、あれから ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その3|一時的な後退からの復調

観察開始から三か月目経過観察にして、初めての後退   第一回および第二回の経過観察では、非常に堅調な成長の様子を見せてくれた『WallStreet Forex Robot ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その4|辛抱と忍耐の時

初めての「後退」から、およそ一ヶ月半   前回、経過観察を始めてから初めてのマイナス成長を見せた『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その5 |心機一転のバージョンアップ

レビュー後初のバージョンアップデート   昨年の秋口から年末にかけて、長い停滞と緩やかな後退の続いていた『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolu ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その6 |着実に歩む復活の道

二ヶ月連続のプラス成長なるか   前回、苦難の時を耐え抜き、久方振りのプラス成長を果たした『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』だっ ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その7 |ついに訪れた完全復活の時

復調の兆しを見せてから、一ヶ月   『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』は、昨年の秋頃から続く停滞期に長いこと苦しめられてきたが、 ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その8 |堅調に歩み続ける成長の道

破竹の快進撃を収めた前回   前回、長く囚われ続けていた停滞期から脱出し、それまでの遅れを一気に取り戻してなお余る勢いでの急成長を果たし、まさに “完全復活” と言った風 ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その9 |安定感の際立つ継続的な好成長

堅実さの光る成長を遂げた前回   前々回に見せた短期間での急成長の勢いを上手く活かし、続く前回においても一進一退の攻防を勝利に収め、着実に手堅い成長を果たすことに成功した ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その10 |「七転び八起き系EA」の真骨頂

理想的な形で成長を遂げた前回   持ち前の安定感を発揮し、小さな「負け」を上回る数の「勝ち」を積み上げながら順調に成績を伸ばし続けていた前回の『WallStreet Fo ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その11 |抜群の安定感と停滞の気配

持ち味の粘り強さを発揮した前回   前回、一時的に大きく成績を落とすも目覚ましい勢いで遅れを取り戻し、“七転び八起き” を地で行く成長ぶりを見せた『WallStreet ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その12 |懸念を打ち払う非凡な成長

揺り戻しによる後退に見舞われた前回   前回の経過観察においては、急成長後の “揺り戻し” に再び見舞われてしまい、マイナス方向への成長を見せる格好となった『WallSt ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その13 |最小限の被害で立て直しに成功

非凡な成長ぶりを見せた前回   前回、一時的な成績悪化の遅れを取り戻すに余りある目覚ましい成長を果たし、大きく成績を伸ばすことに成功した『WallStreet Forex ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その14 |流石の安定感で着実に復活

最小限の被害に食い止めた前回   前回、英ポンド相場の一時的な大荒れの煽りをもろに受けつつも、流石の粘り強さを発揮し、被害を最小限に抑えることに成功していた『WallSt ...

続きを見る

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』経過観察 その15 |半歩下がって一歩進む

堅調な立て直しを見せた前回   前回、持ち前の粘り強さを発揮し、“英ポンドショック” で大きく後退させてしまった成績を着実に回復させつつあった『WallStreet Fo ...

続きを見る

 

先日、新たなサービスにおける第一弾として、『Forex Gump EA』に関する「よくある質問」をまとめた記事を公開したが、今回は、その第二弾として『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』編を公開したいと思う。

なお、『Forex Gump EA』編と同じく、情報は随時更新していく予定なので、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』の運用者には、定期的に確認することをおすすめしたい。

 

 

「よくある質問」一覧(更新:2020年3月12日)

Q.登録した「口座番号」を変更する方法が知りたい

A.公式サイトの会員ページ上から変更が可能です。

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』の公式サイトから会員ページにログインし、同ページ内にある「Activation」タブを選択してください。

その後、リアル口座について登録する口座番号を変更したい場合は「REAL MONEY ACCOUNT ACTIVATION」から、デモ口座の口座番号を変更したい場合は「DEMO ACCOUNT ACTIVATION」から、口座番号の登録または削除を行うことが可能です。

 

Q.購入したEAのダウンロード方法を知りたい

A.会員ページ上からダウンロードが可能です

購入後にEAファイルをダウンロードしたい場合は、会員ページにログイン後、「Download」タブを選択してください。

自動インストーラーを始め、EAのインストールに必要なファイルは、すべて同ページ上からダウンロードすることが可能です。

 

Q.EAのアップデートは、どのように提供される?

A.基本的には、すべて自動的に提供されます。

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』においては、開発元のWebサーバーから自動的に最新の設定情報がアップデートされるため、日常的に行われる小規模なアップデートに対して、何か特別な作業を行う必要はありません

ただし、「大規模なバージョンアップ」が実施された場合については、会員ページ内の「Download」ページから最新版のEAファイルをダウンロードし、MT4に再インストールするなど、手動でのアップデート作業が必要となります。

 

Q.「MaxAccountTrades」の仕様について知りたい

A.EAのエントリー管理に影響を与えます。

「MaxAccountTrades」は、「同時に保有可能なポジション数」の上限値を設定するパラメーターであり、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』は、この上限値に達するまで複数のポジションを追加で建てることが可能になります。

ただし、「保有中のポジション数」の管理については、「WallStreet Forex Robot 2.0 Evolutionが保有しているポジションの数」ではなく、「同一口座上において、すべてのEAが保有しているポジションの数」が参照される点には、くれぐれもご注意ください。

 

つまり、例えばこのパラメーターの値が「1」に設定され、既に同一口座上で稼働する他のEAが一つ以上のポジションを保有していた場合、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』は、新たにポジションを建てることができません。

なお、設定値を「0」とした場合、パラメーターは無効化されるため、ポジションの保有数に関する制限がすべて解除されることになります。

 

Q.「StopLoss」と「TakeProfit」の仕様について知りたい

A.以下をご参照ください。

「StopLoss」および「TakeProfit」については、パラメーターの設定値を「0」とすることで、デフォルト設定値が自動的に適用される仕様となっています。

なお、このデフォルト設定値は、『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』のサーバーから自動的に引用されるため、ある意味では「公式の推奨設定値」だとも言えます。

 

また、「StopLoss」または「TakeProfit」について、自身の判断に基づいて管理したい場合は、各パラメーターに手動で任意の値を入力してください。

 

Q.「推奨入金額」について知りたい

A.公式に「1,000~5,000ドル」とされています。

ただし、「推奨入金額」および「最低入金額」ともに、「各通貨ペア毎に必要な金額」ではありません

他の多くのEAと同様に、「一つの口座上で、そのEAを運用するために必要な金額」を意味していますので、推奨条件を満たすためには、取引する通貨ペアの数や種類に関係なく、上記の金額を入金する必要があります。

 

Q.「AutoMM」の推奨値は?

A.公式に「1」に設定することが推奨されています。

「AutoMM」は、運用において背負う「資金に対するリスク」の大きさに影響を与えるパラメーターであり、EAのロットサイズ管理にも影響を与えます。

公式サポートによると、このパラメーターについては「1(%)」に設定することが推奨されるとのことであり、長期的なリスク管理の観点からも、最大でも「5(%)」までにとどめておくことが推奨されています。

 

Q.「推奨ロットサイズ」について知りたい

A.具体的な推奨値は、公開されていません。

原則として、「リスク管理機能(AutoMM)」を有効化し、「変動ロット」設定で運用することが推奨されているため、ロットサイズに関する具体的な推奨値については、公式から情報は明らかにされていません。

 

ですが、「AutoMM」の設定値については、「1~5(%)」という基本的な推奨値が公式に示されています

なお、公式ユーザーガイド内に記述されている情報を参照して算出すると、証拠金が「1,000ドル(約10万円)」の時に「AutoMM = 1~5」に設定した場合、建てられるポジションのロットサイズは、「0.01~0.05」となるはずです。

 

Q.「BROKER SPY MODULE」の見方が分からない

A.「特典PDFファイル」を参照してください。

「BROKER SPY MODULE」によって確認できる各項目の意味や見方については、購入者特典として提供している「特典PDFファイル」内に、詳しい解説が記載されています

なお、「特典PDFファイル」については、「こちら」のページに記載された情報を参照の上、「お問合せ」からご請求ください。

 

Q.EAがエントリーする時間帯を知りたい

A.設定により、細かく制御することが可能です。

基本的に『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』は、特定の時間帯に縛られずに取引を行う仕様となっております。

ただし、EAの設定には、「EAに取引させる時間帯」に関する詳細なパラメーターが用意されているため、そちらを活用することで、曜日毎に取引時間を細かく指定することも可能です。

 

Q.エントリー回数の目安は?

A.設定次第で、大きく変動します。

各パラメーターの設定や運用環境などによっても、エントリー回数は大なり小なり変動することになるため、具体的な数字を示すことは難しいのですが、以下に示す数字は、一つの目安となるかと思われます。

最も「標準に近い基準」と言える公式フォワードテストの取引データを参照すると、多い時で日に「4~5回」、少ない時で日に「1~2回」ほどのエントリーを行っているようです。

 

Q.どの通貨ペアを選んで取引すれば良いか分からない

A.公式には、以下の通貨ペアが推奨されています。

『WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution』は、七種類以上の通貨ペアでの取引に対応していますが、公式サポートからは、以下の通貨ペアでの取引が特に推奨されています

  • GBPUSD(英ポンド/米ドル)
  • EURUSD(ユーロ/米ドル)
  • USDCAD(米ドル/カナダドル)
  • USDJPY(米ドル/円)

 

Q.EAの「推奨設定」について知りたい

A.「初期設定」のままの運用が推奨されています。

公式サポートによると、「デフォルトで設定されている「初期設定」のまま運用することが推奨される」とのことです。

なお、これまでに公式サポートを通じて得られた回答を統合すると、『「15分足(M15)」に設定した「GBPUSD / EURUSD / USDCAD / USDJPY」のチャート上で、「AutoMM = 1」以外はすべて初期設定のままにしておく』というのが、公式の推奨設定ということになります。

 

Q.「Initialization is failed with error code -2」エラーが発生した場合の対処法は?

A.以下の手順に従って、操作してください。

 

  1. 「Activation」ページに入力されている口座番号に間違いがないか、再確認する
  2. デモまたはリアル口座が正しくアクティベートされていることを確認したら、MT4を再起動する
  3. もし再起動後もエラーメッセージがまだ消えていなかった場合、以下二点の条件に当て嵌まるかどうかを確認する・利用している口座の種類は、「デモ口座」である
    ・「デモ口座」を利用しているのに、MT4の左下隅に「Demo Account(デモ口座)」の表示がない
  4. 上記二点の両方が当て嵌まった場合、アクティベートしたいデモ口座の口座番号を「Activation」ページの「リアル口座用の入力欄」に記入し、リアル口座としてアクティベートする

 

なお、リアル口座としてアクティベートする必要がある理由についてですが、「一部のFX会社から提供されているMT4においては、デモ口座をリアル口座として認識してしまうものが存在しているため」とのことです。

もし上記の対処をすべて行ったにもかかわらず、まだエラーが解決されないようであれば、
問い合わせフォームより改めてお問い合わせください。

 

Q.対応通貨ペアを取引しているのに、「Unsupported currency pair...」というメッセージが表示されて困っている

A.下記の対処法を試してみてください。

対応通貨ペアのチャートにだけEAを設定しており、かつ実際に取引履歴上でも対応通貨ペアだけ取引していることが確認できる場合でも、「Unsupported currency pair(非対応通貨ペア)」を取引していることを通知するメッセージが表示されてしまうことがあります。

その場合の最も簡単な対処法として、「メッセージが表示されなくなるまで、MT4の再起動を繰り返す」ことが、公式に推奨されています。

 

なお、もしそれでも解決されなかった場合には、「UseCustomPair」の値を「true(有効化)」に変更し、「UseSettingFrom」の値に「EAに取引させたい通貨ペアの名称」を正確に入力してください。

 

例)「英ポンド/米ドル(GBPUSD)」を取引する場合

  • UseCustomPair = true
  • UseSettingFrom = GBPUSD

 

例2)「ユーロ/米ドル(EURUSD)」を取引する場合

  • UseCustomPair = true
  • UseSettingFrom = EURUSD

 

もしそれでもメッセージが表示され続けるようであれば、何か別の原因が存在しているものと思われますので、問い合わせフォームより改めてお問い合わせください。

 

Q.「通常版」と「シンプル版」の違いは?

A.変更可能なパラメーターの種類が異なります。

「WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution」には、「通常版」のほかに「シンプル版」が用意されていますが、両者は同じ取引ロジックを搭載しているなど、基本的に両者の間にはほぼ差はありません

 

ただ、「シンプル版」については、主に初心者が取っ付きやすいようにするために、設定可能なEAのパラメーターの種類が、「通常版」よりも少なくなっています。

なお、想定外の不具合や大きな損失の原因となるおそれがあるため、「通常版」と「シンプル版」を、一つの口座上で同時に運用することのないようご注意ください

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

⇒ にほんブログ村 為替ブログへ  ⇒ 

-WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution, サポート
-, ,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.