Forex Flex EA 海外製EA情報

『Forex Flex EA』経過観察 その17 |訪れた挫折と辛抱の時期

気持ちの良い成長ぶりを見せた前回

『Forex Flex EA』の検証とレビュー

『Forex Flex EA』評価 『Forex Flex EA』      収益性:(4.5)      安定性:(5.0)      信頼性:(4.0) 総合評価 (4.5)☆ ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その1 | 堅調な成長を維持

前回のレビューから、約一ヶ月半   発売から現在に至るまで、開発者による継続的かつ精力的なアップデートと、購入者による活発なコミュニティ運営の続く『Forex Flex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その2 |停滞期を超えて成長を再開

前回の経過観察から二ヶ月が経過   前回の経過観察では、劇的な落ち込みこそ見せなかったものの、停滞の印象を拭い去ることはできなかったが、あれから約二ヶ月。『Forex F ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その3 |抜群の安定感を堅持

新たに加わった観察対象の動向に注目   前回の経過観察では、停滞期を抜けて成長を再開する様子を確認することのできた『Forex Flex EA』だったが、はたして再び歩み ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その4 |可もなく不可もない成長

初レビューから半年が経過   前回の経過観察では、観察対象としている二つのカスタム設定のどちらもが、好ましい成長を見せていたが、はたして今回も、その順調ぶりを維持すること ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その5 |安定感のある成長を再開

小石につまづいた前回から、約一ヶ月   前回、およそ一年半以上に渡る稼働歴において、僅か二回目となる月間獲得利益でのマイナス成長を喫した『Forex Flex EA』。 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その6 |揺らがぬ安定感と続く好成長

堅調な成長を再開した前回   前々回の経過観察において、初めて若干の後退を見せた『Forex Flex EA』だったが、それも結果的には次なる成長への “助走” のような ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その7 |長期的なポジション管理能力の高さを実証

素晴らしい安定感を堅持した前回   前回の経過観察において、揺るぎない安定感を見せつけるとともに、着実に成績を伸ばすことに成功した『Forex Flex EA』。 既にあ ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その8 |盤石ぶりの光る好成長

前回に続く好成長に期待   前回、ほぼ「四ヶ月間」および「三ヶ月間」にも及ぶ長期保有ポジションを含む複数の取引を見事に黒字で終え、長期的なポジション管理能力の高さを実証し ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その9 |歴代屈指の目覚ましい飛躍

全方位に隙のない好成長を遂げた前回   前回の経過観察において、メインとサブ両方の観察対象において、「盤石」という言葉が実にしっくり来るような好調ぶりの光る成長を見せた『 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その10 |急成長後も変わらぬ安定感を発揮

歴代屈指の好成長を遂げた前回   メイン観察対象として観察を続けてきた「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」が、歴代最高とも言える好成 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その11 |長引く停滞と期待の新星

堅実で穏当な成長を果たした前回   前回、メインおよびサブ観察対象ともに良く言えば「控えめな」、悪く言えば「あまりぱっとしない」成長ぶりを見せる格好となった『Forex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その12 |失意の破綻と育つ次世代

危機的な状況に直面していた前回   前回、これまで抜群の安定感を誇り続けてきた「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」の含み損が危険な水 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その13 |異彩を放つ次代の新勢力

悲しみと喜びが同居した前回   長年にわたり安定的な成長を続けてきたカスタム戦略「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」が、想定外の破綻 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その14 |ピンチをチャンスに変えて急成長

目覚ましい成長ぶりを見せた前回   前回、メインおよびサブ観察対象ともに、全体的に非の打ち所の見当たらない好成長を遂げてみせた『Forex Flex EA』。 更なる成長 ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その15 |はっきりと分かれた明暗

胸のすくような好成長を遂げた前回   前回、不安定さを増す市場の流れを上手く捉え、多くのEAが成績を悪化させる中で目を瞠るような躍進を遂げてみせた『Forex Flex ...

続きを見る

『Forex Flex EA』経過観察 その16 |一年半ぶりの大型アップデート到来

はっきりと明暗の分かれた前回   前回、「コロナ禍」の影響で大きく揺れる市場を前に、メイン観察対象とサブ観察対象とで大きく明暗の分かれることとなった『Forex Flex ...

続きを見る

 

前回、「コロナ禍」の余波に揺れ動く市場とは裏腹の好成長ぶりを見せ、大きく成績を伸ばすことに成功した『Forex Flex EA』。

メイン観察対象はもちろん、およそ一年半ぶりとなる大型アップデートにより追加されたカスタム設定についても、どのように成績が推移したかに注目していきたい。

 

 

非常に苦しい展開の続く時期に

のっけから非常に残念な報告となり心苦しいが、メイン観察対象の『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』は今回、とうとう「コロナ禍」の “魔手” に絡め取られてしまったのか、口座を破綻させる形でフォワードテストを終了させることとなってしまった。

取引履歴には、破綻の原因となった取引における最初のポジションが建てられてから致命的な損失を被るまでは、僅か一日足らずの出来事だったことが確認できる。

 

 

また、取引履歴を確認する限りでは、この突然すぎる終焉を招いた “犯人” は、数ある通貨ペアの中でも「特に激しい値動きを見せやすい通貨ペア」の一つとして知られる「英ポンド/円(GBPJPY)」だったようだ。

これまでは、「英ポンド/円」の持つ潜在的なリスクの手綱を握り、その裏側に存在するリターンを上手く吸い上げていたものの、常よりも市場のリスクが高まっている現在の状況が悪い方向に作用し、リスクを制御し切れずに暴発させてしまった結果と言えるだろう。

 

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第12回 133.23% 19.56% 5.37% 56% 2.36
第13回 152.95% 19.56% 5.35% 57% 2.36
第14回 199.97% 19.56% 6.10% 57% 2.47
第15回 222.74% 19.56% 6.01% 57% 2.46
第16回 277.65% 19.56% 6.45% 57% 2.52
第17回 -98.89% 99.74% -18.68% 55% 0.84
前回比 -376.54% -80.18% -25.13% -2.0% -1.68
累計 -232.12% -80.18% -19.76% -1.0% -1.52
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第12回 +4.9 pips +406.12 セント
第13回 +73.3 pips +591.51 セント
第14回 +35.8 pips +1,410.48 セント
第15回 +59.3 pips +683.26 セント
第16回 +297.7 pips +1,647.08 セント
第17回 -1,211.4 pips -11,296.13 セント
前回比 -1,449.8 pips -9,649.05 セント
累計 -740.4 pips -6,557.68 セント

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月 +2.66 +58.3 +186.01
2月 +25.28 +50.8 +1,815.89
3月
4月 +20.75 +181.9 +1,867.72
5月 +8.35 +126.0 +907.15
6月 -99.72 -1,162.3 -11,740.66
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 -51.03 % -871.3 pips -7,871.04 USC

※USC = アメリカセント

『RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月 +3.81 +197.7 +127.06
2月 +12.04 +213.4 +417.00
3月 +5.60 -57.2 +217.47
4月 +5.49 +198.9 +224.95
5月 +1.38 +47.1 +59.82
6月 -0.01 -0.7 -0.58
7月
8月 +3.27 -69.2 +143.27
9月 +10.29 -37.0 +465.77
10月 +27.16 +180.2 +1,356.00
11月 +3.84 +156.7 +243.87
12月 +6.16 +4.9 +406.12
累計 +79.03 % +834.8 pips +3,660.75 USC
2018年
 成長率(%) pips  金額(USC)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月 +6.12 +147.0 +183.48
12月 +4.81 -170.5 +153.09
累計 +10.93 % -23.5 pips +336.57 USC

なお、既に公式フォワードテストは完全に状態が白紙に戻されており、現状すべての成績は「0」となっている。

一方、フォワードテスト終了の翌日には、早くも新たに証拠金が入金されているところを見るに、近いうちに仕切り直しを図る予定なのかもしれない。

 

 

『H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts』

 

 

前回、新たに追加されたカスタム設定の中でも、とりわけ高い安定感を発揮していた「H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts」だったが、引き続き今回も「安定している」と評価できる成長ぶりを見せている。

「取引頻度よりもエントリー精度を優先するようにパラメーターが調整されている」というだけあって、「収益性」に関しては物足りなさを覚えるかもしれないが、「最大ドローダウン」の小ささを見れば、全体としてのバランスは取れていると言えるだろう。

 

『H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts』の実績

▷「最初の取引」を【含む】総合成績(2019年10月~)

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第16回 673.56% 17.91% 35.03% 75% 12.40
第17回 691.56% 17.91% 30.39% 75% 5.31
前回比 +18.00% ±0.00% -4.64% ±0.0% -7.09
累計 +18.00% ±0.00% -4.64% ±0.0% -7.09%

▷「最初の取引」を【含まない】総合成績(2019年12月~)

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第16回 47.11% 5.53% 7.00% 75% 5.75
第17回 50.54% 10.32% 6.26% 74% 2.87
前回比 +3.43% -4.79% -0.74% -1.0% -2.88
累計 +3.43% -4.79% -0.74% -1.0% -2.88

回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第16回
第17回 -24.8 pips +117.10 ドル
前回比
累計 -24.8 pips +117.10 ドル

一方、安定した成長内容の割には今回、「平均月利」や「プロフィットファクター(PF)」などの数字が大きく悪化しているように見受けられるが、実際のところ「運用期間の短さ」と「取引回数の少なさ」に依るところが大きい

純粋に数字だけを見れば、未だ十分に「好成績」と言える範疇にあるため、少なくとも今のところはあまり問題視する必要はないだろう。

 

 

『New EMA Far Apart v3 2020』

 

 

「H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts」と同じく前回の経過観察において、新たに追加されたカスタム設定の中では、なかなかに優秀な成績を記録してみせていた「New EMA Far Apart v3 2020」。

その成長ぶりについては、特に潜在的な「収益性」の高さに期待を感じさせるものだったと言えるが、直近の期間においても、大きく利益を積み上げることに成功している。

 

『New EMA Far Apart v3 2020』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第16回 102.85% 9.78% 87.37% 79% 6.63
第17回 137.61% 20.95% 47.95% 72% 3.75
前回比 +34.76% -11.17% -39.42% -7.0% -2.88
累計 +34.76% -11.17% -39.42% -7.0% -2.88
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第16回
第17回 +442.9 pips +1,776.15 ドル
前回比
累計 +442.9 pips +1,776.15 ドル

一方で、前回の「New EMA Far Apart v3 2020」は、含み損を抱えたポジションを幾つも保有し、やや危機的な状況を迎えつつあったが、既に現在はすべて解消済み。結果的には黒字に終えることができたようだ。

ただし、その解消に至る直前には含み損が膨れ上がってしまい、今回「最大ドローダウン」の数字が更新されるに至っている。

 

なお、「平均月利」および「プロフィットファクター(PF)」の劇的な変動ぶりについては、「H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts」と同様の理由であるため、やはり現時点ではそう気にしなくても良いだろう。

 

 

『New EMA Far Apart v2 2020』

 

 

「New EMA Far Apart v3 2020」のマイナーチェンジ版と言える「New EMA Far Apart v2 2020」だが、成績悪化により敢え無く口座は破綻。早くも今回、新たに仕切り直しが図られる格好となった。

取引履歴を見る限りでは、含み損を抱えたポジションを同時に三つを一週間ほど抱え続けた挙句、限界を超えて膨らんだ含み損が "破裂” してしまい、そのまま轟沈するに至ったようだ。

 

『New EMA Far Apart v2 2020』(新)の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第17回 6.52% 0.68% 6.52% 77% 5.41
前回比
累計
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第17回
前回比
累計

なお、仕切り直しのフォワードテストが開始されてからまだ十日間も経過しておらず、現時点での成績は何の参考にもならないため、今回は具体的な数字についての言及は割愛したい。

 

 

New RSi Scalper 2020

 

 

あまり喜ばしくないことに「New RSi Scalper 2020」も今回、「New EMA Far Apart v2 2020」と同様に、「成績悪化による口座破綻からの仕切り直し」を実施する運びとなったようだ。

既に「New EMA Far Apart v2 2020」よりは運用期間が長くなっているとは言え、それでもまだ一ヶ月間にすら満たないため、やはり現在の成績についてはせいぜい「参考記録」として捉えるに止めるべきだろう。

 

『New RSi Scalper 2020』(新)の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第17回 -6.94% 23.99% -6.94% 66% 0.75
前回比
累計
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第17回
前回比
累計

なお、その新たに開始されたフォワードテストに関しても、既に「通算利益」の成績は負の領域に足を突っ込んでおり、非常に幸先の悪い出だしを飾る格好となっている。

 

 

『EMA Far Apart Retrace H4(新)』

 

 

前回、「運用開始からまだ間もない」という事実を差し引いて見ても、まさに非の打ち所がないと言える成長ぶりを見せていた「EMA Far Apart Retrace H4(新)」だったが、直近の期間において状況は一変

不幸中の幸いと言うべきか、口座が破綻するような事態には至らなかったものの、「通算利益」はマイナスの領域にまで瞬く間に転げ落ち、今なおプラスの世界に戻ってこられない状況が続いている。

 

『EMA Far Apart Retrace H4(新)』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第16回 30.19% 5.31% 30.19% 100%
第17回 -3.49% 34.47% -1.60% 76% 0.93
前回比 -33.68% -29.16% -31.79% -24.0%
累計 -33.68% -29.16% -31.79% -24.0%
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第16回
第17回 -348.0 pips -1,684.50 ドル
前回比
累計 -348.0 pips -1,684.50 ドル

とは言うものの、運用期間がまだ二ヶ月にも達していないことを考えると、「ハイリスク・ハイリターン」な戦略であれば、この程度の短期的な成績の乱高下はそれなりに起こり得るとも言えるだろう。

現時点の状況は既にかなり苦しいものではあるが、「EMA Far Apart Retrace H4」という戦略の特性から言っても、ここからの劇的な巻き返しに期待しても良いかもしれない

 

 

旧メイン観察対象:「Default + TDI + TDI Slope + Dynamic」

▷『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の成績データ(※クリックで展開)

 

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時 149.69% 29.54% 7.43% 67% 2.99
第1回 149.19% 29.54% 6.63% 65% 2.86
第2回 166.56% 29.54% 6.25% 67% 3.06
第3回 176.22% 30.02% 5.96% 66% 2.95
第4回 169.99% 30.02% 5.47% 65% 2.39
第5回 182.18% 24.86% 5.15% 64% 2.44
第6回 198.03% 24.86% 5.16% 63% 2.47
第7回 214.38% 24.86% 5.20% 63% 2.52
第8回 231.08% 24.86% 5.04% 63% 2.61
第9回
288.98%
24.86%
5.22%
65%
2.94
第10回 299.90% 24.86% 5.27% 65% 3.02
第11回 299.90% 28.32% 5.27% 65% 3.02
第12回 -99.90% 99.97% -21.14% 63% 0.83
前回比 -399.80% -71.65% -26.41% -2.0% -2.19
累計 -249.59% -70.43% -28.57% -4.0% -2.16
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第6回
第7回 +627.0 pips +817.58 ドル
第8回 +220.4 pips +834.96 ドル
第9回
+656.7 pips
+2,895.06 ドル
第10回 +297.1 pips +545,86 ドル
第11回
第12回 -1,105.8 pips -19,771.31 ドル
前回比
累計 +695.4 pips -14,677.85 ドル

 

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 -3.62 -332.6 -507.41
2月 +4.51 +200.5 +609.47
3月 +2.84 +71.8 +401.3
4月 +2.70 +8.0 +391.58
5月 +1.47 +79.3 +219.65
6月 +3.95 +547.7 +597.93
7月 +5.31 +220.4 +834.96
8月 +9.64 +458.8 +1,596.0
9月 +7.16 +197.9 +1,299.0
10月 +2.81 +297.1 +545.86
11月
12月 -99.76 -1,105.8 -19,771.31
累計 -62.99 % +643.1 pips -13,782.97 USD

※USD = アメリカドル

『Default + TDI + TDI Slope + Dynamic』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +9.61 +673.4 +736.4
2月 +14.91 +878.3 +1,253.0
3月 +5.84 +437.9 +563.94
4月 +6.22 +121.2 +636.0
5月 +1.83 -490.6 +198.96
6月 +5.09 +172.4 +562.7
7月 +7.48 -37.9 +868.63
8月 -1.94 -215.5 -242.39
9月 +1.78 +85.5 +217.49
10月 +3.88 +322.1 +483.33
11月 +2.98 +315.8 +385.11
12月 +5.09 -323.4 +678.73
累計 +62.77 % +1,939.2 pips +6,341.9 USD
2017年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月 +1.69 +80.4 +84.39
8月 +14.89 +32.5 +757.22
9月 +13.59 +558.8 +794.01
10月 +5.65 +264.8 +374.81
11月 +2.44 +93.6 +171.38
12月 +6.73 +168.5 +483.07
累計 +44.99 % +1,198.6 pips +2,664.88 USD

 

旧サブ観察対象:「Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3」

▷『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の成績データ(※クリックで展開)

 

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第1回
第2回
第3回
第4回 57.75% 14.18% 6.50% 63% 2.39
第5回 73.26% 5.61% 6.54% 64% 2.49
第6回 91.94% 5.61% 6.92% 65% 2.51
第7回 127.82% 5.61% 7.43% 66% 2.56
第8回 161.76% 5.61% 7.54% 66% 2.54
第9回
188.94%
5.61%
7.46%
66%
2.48
第10回 194.28% 5.61% 7.07% 66% 2.48
前回比 +5.34% ±0.00% -0.39% ±0.0% ±0.00
累計 +136.53% +8.57% +0.57% +3.0% +0.09
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第6回
第7回 +1,513.8 pips +581.10 ドル
第8回 +807.4 pips +570.37 ドル
第9回
+362.4 pips
+437.88 ドル
第10回 +182.2 pips +84.53 ドル
前回比 -180.2 pips -353.35 ドル
累計 +2,683.6 pips +1,589.35 ドル

 

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の月度別成績

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +6.45 +559.0 +154.71
2月 +7.31 +584.3 +186.64
3月 +6.60 +317.1 +180.81
4月 +8.77 +41.8 +256.32
5月 +10.52 +1,055.0 +334.34
6月 +11.32 +561.4 +397.57
7月 +8.41 +698.1 +328.66
8月 +7.37 +276.5 +312.42
9月 +3.86 +275.8 +172.45
10月 +0.81 -7.7 +37.54
11月
12月
累計 +71.42 % +4,361.3 pips +2,361.46 USD

※USD = アメリカドル

『Flex Ea SRV1/SRV2/SRV3』の年度別成績(※クリックで展開)

2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月 +14.34 +796.0 +232.20
8月 +6.32 -279.7 +117.05
9月 +2.80 +363.6 +55.13
10月 +10.19 +630.5 +206.23
11月 +5.56 +278.8 +123.94
12月 +1.95 -185.6 +45.83
累計 +41.16 % +1,603.6 pips +780.38 USD

 

旧サブ観察対象②:「EMA Far Apart Retrace H4(旧)」

▷『EMA Far Apart Retrace H4(旧)』の成績データ(※クリックで展開)

 

『EMA Far Apart Retrace H4』の実績

回数 通算利益 最大DD 平均月利 通算勝率 PF
初レビュー時
第11回 964.26% 52.88% 27.03% 64% 2.75
第12回 1,178.23% 52.88% 26.29% 63% 2.68
第13回 1,544.70% 54.30% 24.96% 64% 2.80
第14回 1,948.31% 54.30% 25.11% 63% 2.54
第15回 1,948.31% 97.58% 24.46% 63% 2.54
前回比 ±0.00% -43.28% -0.65% ±0.0% ±0.00
累計 +984.05% -44.70% -2.57% -1.0% -0.21
回数 損益(pips) 損益(金額)
初レビュ―時
第11回 +637.3 pips +17,270.27 ドル
第12回 +413.2 pips +17,534.56 ドル
第13回 +586.0 pips +17,283.14 ドル
第14回 -46.1 pips +27,544.72 ドル
第15回
前回比 -632.1 pips +10,261.42 ドル
累計 +1,593.1 pips +79,632.69 ドル

 

『EMA Far Apart Retrace H4』の月度別成績

2020年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +15.50 +487.6 +14,714.00
2月 +24.15 +160.8 +26,490.76
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 +39.65 % +648.4 pips +41,204.76 USD

※USD = アメリカドル

『EMA Far Apart Retrace H4』の年度別成績(※クリックで展開)

2019年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月 +2.03 +44.7 +59.33
2月 +54.18 +832.7 +1,618.00
3月 +100.84 +919.9 +4,646.00
4月 +13.78 +294.3 +1,275.00
5月 +13.59 +396.8 +1,431.00
6月 +25.75 +360.1 +3,079.00
7月 +9.95 +516.6 +2,457.00
8月 +18.28 +297.6 +7,257.00
9月 +12.57 +514.6 +5.856.00
10月 +21.77 +917.1 +13,282.00
11月 +13.00 +171.0 +8,542.00
12月 +27.88 +479.2 +20,702.00
累計 +313.62 % +5,744.6 pips +70,204.33 USD
2018年
 成長率(%) pips  金額(USD)
1月
2月
3月
4月
5月 -19.57 +0.6 -195.67
6月
7月
8月
9月
10月
11月 +5.26 +78.2 +113.44
12月 -99.90 -320.7 -2,266.00
累計 -119.47 % -241.9 pips -2,348.23 USD

 

 

 

今回の総評

抜群の「安定感」と十分な「収益性」を長らく両立させ続けてきた「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」が今回、想定外の急激な成績悪化を受け、口座を破綻させてしまったことについては、本当に「残念」の一言でしかない。

しかしながら、「予測不可能な値動きに翻弄され、時に致命的な損失を負ってしまう」ことは投資を行う以上は避けようのない事態である以上、今回の件についても、「遅かれ早かれ起こる現象が、起こるべくして起こった」だけとも言えるだろう。

 

2020年6月19日時点での『H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts』の成績

 

あるいは、そこまで割り切らないまでも、少なくとも今回こうして口座が破綻してしまったからと言って、これまで「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」が時間をかけて証明してきた実力までもが否定されるべきではないはずだ。

 

 

なお、前回から今回にかけて、先日の大型アップデートで追加されたカスタム設定の経過を追ってみたが、今回「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」が破綻したことを受けて、新たに「H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts」をメイン観察対象に据えることにしたい。

公式サイト上の説明を読む限り、「H1 DefaultTDI + Dynamic allCharts」は、「RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+」と同じく中長期的な運用を前提にした戦略のようであるため、今後も一歩ずつ、着実に成績を積み上げていってくれることが期待できるだろう。

 

また、次回からは「New EMA Far Apart v3 2020」を、新たなサブ観察対象として経過観察を行っていくつもりだ。

大元となった「EMA Far Apart Retrace H4」と同じく、基本的に「ハイリスク・ハイリターン」な戦略となっているが、以前に公式フォワードテストを破綻させてしまった際の苦い経験に基づいて施された改良が、どのように成績に影響を及ぼすかに注目していきたい。

 

明るく前向きな報告ばかりだった前回とは打って変わって、今回は全体的にほろ苦い報告ばかりになってしまった感は拭い切れないが、「山」があれば必ず「谷」もあるのが、EA運用の常と言えるだろう。

谷から這い上がるだけの確かな実力を『Forex Flex EA』が備えていることは、これまでの実績が証明しているため、ここからの逆転劇に大いに期待したいところだ。

 

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ

-Forex Flex EA, 海外製EA情報
-,

Copyright© FXEA.JP-海外製自動売買情報局- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.